Rakuten infoseek

辞書

【コ】

デジタル大辞泉

こ【孤】
[名・形動ナリ]一人だけでいること。独りぼっちで助けのないこと。また、そのさま。「徳ならず、必ず隣あり」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【孤】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) [訓]みなしご
両親と死に別れた子。「孤児鰥寡孤独(かんかこどく)
ひとりぼっち。単独。「孤影孤高孤舟孤城孤島孤独孤立
[名のり]かず・とも

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こ【孤】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひとりぼっちである・こと(さま)。 「寒樹の夕空に倚りて-なる風情/金色夜叉 紅葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ【孤】
〘名〙
① 両親と離れた子。みなしご。孤児。
※勝鬘経義疏(611)十大受章「少無父曰孤。老無子曰独」 〔礼記‐王制〕
② (形動) ただひとりで助けるものがないこと。また、そのさま。ひとりぼっち
※文明本節用集(室町中)「徳不(コ)隣〔里仁篇〕」
※神の子(1902)〈国木田独歩〉下「無窮の天地に介立する此生の孤(コ)なるを感じて」 〔論語‐里仁〕
③ (「孤」は徳がない意) 中国で、王侯が自己をへりくだっていう語。〔礼記‐玉藻〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孤の関連情報

他サービスで検索

「孤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.