Rakuten infoseek

辞書

【キ】

デジタル大辞泉

き【季】
1年を四つに分けた、春・夏・秋・冬のそれぞれ。
陰暦で、春・夏・秋・冬の末の月。3月・6月・9月・12月。
毎年、あることが行われたり、ある状態が続いたりする一定の期間。シーズン。
年月の区分にいう語。1年を1季とし、半年を半季という。
俳句で、四季やその景物を表す語。季語。季題。「が重なる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【季】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]すえ
学習漢字]4年
春夏秋冬のそれぞれの時節。シーズン。「季候季節雨季夏季乾季四季冬季
四季のそれぞれの終わり。また、一時期の終わり。「季春季世節季
年月の区分。一年。「一季年季半季
俳句の題材となる四季の風物。季語。「季題無季
兄弟のいちばん下。末っ子。「季子伯仲叔季
[名のり]とき・とし・ひで・みのる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

き【季】
一年を四つに分けた春・夏・秋・冬のそれぞれの時節。
連歌・俳諧で句に詠み込む四季および四季の景物。 -のない句
年月の区分にいう語。一年を一季、半年を半季という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【季】
〘名〙
① すえ。おわり。特に、兄弟、仲間などの人間関係のなかでもっとも若い者。
※寿阿彌の手紙(1916)〈森鴎外〉一四「長を山崎某と云ひ、仲(ちゅう)を鈴木某と云って、師岡氏は其季(キ)であった」 〔詩経‐魏風・陟岵〕
② 一年のうち、春夏秋冬の四時の各末の月をいう。陰暦の三月・六月・九月・一二月の称。〔北史‐魏本紀・孝文帝〕
③ 春夏秋冬の四時の一つをいう。
※令義解(718)公式「凡諸王五位以上。諸臣三位以上。致仕身在畿内。毎季。五位以上。毎年。並令内舎人一巡問。奏聞安不」 〔新唐書‐柳公権伝〕
④ 年月の区分にいう。
(イ) 一年を一季とし、半年を半季という。
※浮世草子・武道伝来記(1687)二「母人ふびんをくはへられ、季をかさねてつかはれしか」
(ロ) 盆、暮などの節季。「盆暮の二季」
⑤ 和歌集の四季による部立ての総称。
※正徹物語(1448‐50頃)上「季の巻頭を毎度人の辞退ある事、さはあるまじきなり」
※咄本・学習院本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「御発と御脇と、きのたがふたことは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

季の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.