Rakuten infoseek

辞書

【ソン】

デジタル大辞泉

そん【存】[漢字項目]
[音]ソン(呉) ゾン(漢)
学習漢字]6年
〈ソン〉
現にある。生きている。「存在存続存廃存否存亡存立依存既存共存現存厳存残存自存
保ち持つ。「恵存
いたわり尋ねる。「存問
〈ゾン〉
保ち持つ。「温存保存
生きながらえる。「存生(ぞんじょう)存命実存生存
思う。心得る。「存意存外存念存分異存一存所存
[名のり]あきら・あり・ある・さだ・すすむ・たもつ・つぎ・なが・のぶ・まさ・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞん【存】[漢字項目]
そん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぞん【存】
【存】
⇒ そん〔存〕 [漢]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞん【存】
〘名〙 (「そん」とも)
① あること。存在すること。生存すること。現存。
史記抄(1477)一二「亡を存にしないたぞ」 〔書経‐仲虺之誥〕
② 思い。考え。おもわく。〔礼記‐祭義〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞん‐じ【存】
〘名〙 (動詞「ぞんずる(存)」の連用形の名詞化) 知っていること。承知していること。思っていること。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「各存(ゾンジ)の旨有ば、子細を奏聞して聖断を仰べき処に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞん・じる【存】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「ぞんずる(存)」が上一段活用に転じた語) =ぞんずる(存)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん‐・す【存】
〘自他サ変〙 ⇒そんする(存)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞん‐・ず【存】
〘他サ変〙 ⇒ぞんずる(存)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん‐・する【存】
(「そんずる」「ぞんする」「ぞんずる」とも)
[1] 〘自サ変〙 そん・す 〘自サ変〙
① ある。そのままである。存在する。
※今昔(1120頃か)七「然れば、思一、遂に活(よみがへり)ぬ。今見れば存せり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「判然たる区別が存して居るにも関らず」
② 生きながらえる。生存する。
※今昔(1120頃か)五「男、命の存しぬる事を喜て」
③ 残る。残存する。
※太平記(14C後)一一「驕れる者は失し倹なる者は存(ソン)す」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉一身一家経済の由来「ちゃんと記憶に存(ソン)して忘れません」
[2] 〘他サ変〙 そん・す 〘他サ変〙
① そのままであらしめる。存在させる。保つ。
※百座法談(1110)閏七月一一日「天下しづかならず人民命を存するものありがたし」
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「刀のやふな凶器を終久(いつまで)も挿ず、頭も毛を存(ゾン)して」
② 残す。残しとどめる。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「穵林登(ウヱリントン)職分の字を常に心に存する事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞん‐・ずる【存】
〘他サ変〙 ぞん・ず 〘他サ変〙 (多く、聞き手に対して、あらたまった気持をこめていうのに用いる謙譲語)
① 考える、思うの意の謙譲語。
※袋草紙(1159)上「非敵之由を存歟」
※平家(13C前)七「やがて世のみだれいできて、其沙汰なく候条、ただ一身の嘆きと存じ候」
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「花が次になりそうなものかと、わたくしはぞんじますて」
② 知る、承知する、心得るの意の謙譲語。
※今昔(1120頃か)五「汝が云ふ所二つ无し。我理を存ぜり」
浮世草子・好色盛衰記(1688)五「爰の御作法も存(ゾン)ぜぬなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

存の関連情報

他サービスで検索

「存」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.