Rakuten infoseek

辞書

字訓【ジクン】

デジタル大辞泉

じ‐くん【字訓】
漢字の日本語としての読み。その字の意味にあたる日本語が読み方として固定したもの。「耳」を「みみ」、「目」を「め」と読む読み方。。⇔字音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

字訓
平凡社発行の辞典。1987年刊行。白川静著。古代の和語がどの漢字であらわされたかを検討し、和語の意味と語意識を探る。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じくん【字訓】
漢字の日本語としての読み。漢字の意味に当たる日本語がその漢字の読みとして固定したもの。「山」を「やま」、「川」を「かわ」と読む類。訓。和訓。 → 字音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐きん【字訓】
〘名〙
① 字を教えること。〔文明本節用集(室町中)〕
※日葡辞書(1603‐04)「Iiqin(ジキン)。ジヲ ヲシユル」
※かた言(1650)一「此字訓(ジキン)に付て、説々侍るべけれど、先一儀を申さば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐くん【字訓】
〘名〙 日本語としての漢字の読みの一種。その字の意味にあたる日本語が、中国語を受けた読み方とは別の読み方として、固定したもの。じきん。訓。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「順がしたも字訓にちがうたぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

字訓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

字訓の関連情報

他サービスで検索

「字訓」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.