Rakuten infoseek

辞書

孔子廟堂碑【こうしびょうどうのひ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

孔子廟堂碑
こうしびょうどうのひ
中国、唐の太宗が長安の国子監内に孔子廟を改築し、その完成を記念して建てられた碑で、皇帝の命により唐の四大家の一人、虞世南(ぐせいなん)が撰書(せんしょ)した。立碑は貞観(じょうがん)初め、629年ころと推定されるが、建碑後まもなく火にかかり、則天武后のとき重刻したと伝えるが、それも唐末に亡失した。虞世南の書はこの一碑のみで、晩年期に近いころの筆になり、いっさいのむだを省いた、精妙で品格の高いことは、唐宋(そう)以来、長く世に喧伝(けんでん)されている。現存する原拓は1本だけで今日、多く伝わるものは、宋の王彦超(おうげんちょう)が翻刻した陝西(せんせい)本と、元(げん)の至元年間に出土したという城武本との二刻である。[角井 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孔子廟堂碑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孔子廟堂碑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.