Rakuten infoseek

辞書

【こ】

デジタル大辞泉

こ【子/児】
[名]
親から生まれたもの。こども。⇔
㋐両親の間に生まれた者。「かわいい―には旅をさせよ」→息子
㋑親が、実子と同様に養い育てる者。養子や継子など。
㋒(「仔」とも書く)動物の生まれて間もないもの。また、鳥や魚などの卵や、卵からかえったばかりのもの。「―犬」「鱈(たら)―」
まだ大人になっていない者。幼い者。こども。「近所の男の―」
(「娘」とも書く)若い女性。むすめ。「妓」とあてて遊女・芸者などをいうときもある。「若い―の集まる店」
植物の幹や根から生え出たもの。「芋の―」「竹の―」⇔
主だったものに対して、従属する関係にあるもの。「―会社」「―分」⇔
トランプや花札などで、親以外の立場になる者。⇔
元金から生じた利益。利子。「元も―もなくす」
子株(こかぶ)2」の略。
[接尾]
名詞や動詞の連用形に付いて、その仕事をする人や物の意を表す。「舟―」「売り―」「振り―」
特に、女性のする動作や仕事に付いて、それをする人が若い女性であることを表す。「踊り―」「お針―」
女性の名前に付いて、それが女性であることを表す。「花―」「雪―」
人を表す語に付いて、親愛の意を添える。「背―」「娘―」
その場所や時代に生まれた人の意を表す。「江戸っ―」「明治っ―」
[補説]3は、古くは身分のある女性の名に付けられた。また、上代には、身分のある男性の名に付けても用いられた。「小野妹―」「蘇我馬―」
[下接句]生んだ子より抱いた子負うた子より抱いた子親が親なら子も子子供は風の子父(ちち)父たれば子も子たり盗人(ぬすびと)を捕らえてみれば我が子なり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【子】
[名]
こども。特に、男児。
学徳のある人物に対する敬称。先生。特に、孔子をさす。
五爵の第四位。子爵。「公侯伯男」
漢籍を経・史・子・集に分類した四部の一。諸子百家の著述を集めた部門。→漢文学1
[代]二人称の人代名詞。対等または目下の者に対して用いる。君。
「―是れより左に路を取らば必ず常灯あり」〈織田訳・花柳春話
[接尾]
名詞に付いて、そのことをもっぱら行う男性の意を表す。「編集」「コラム
古く、貴族の女子の名に添えて用いる。「光明」「式内親王」
助数詞。囲碁で、置き石の数を数えるのに用いる。目(もく)。「二局」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【子】[漢字項目]
[音](呉)(漢) (唐) [訓] ね
学習漢字]1年
〈シ〉
親から生まれたもの。こども。「子孫王子(おうじ)孝子妻子実子赤子長子童子(どうじ)末子養子
成人男子の敬称。「君子諸子夫子(ふうし)
学問・人格のすぐれた者の名に付ける敬称。「孔子朱子
人。者。「才子遊子
五等爵の第四位。「子爵
種。実。卵。「子房種子精子卵子
小さいもの。「原子光子電子分子胞子粒子
元のものから生じたもの。「利子
物の名に付けたり、意味なく添えたりする語。「菓子格子骨子冊子杓子(しゃくし)障子(しょうじ)卓子銚子調子日子拍子帽子
10 十二支の1番目。ね。「甲子(かっし)子午線
〈ス〉9に同じ。「椅子(いす)金子繻子(しゅす)扇子緞子(どんす)払子(ほっす)様子綸子(りんず)
〈こ(ご)〉「子宝子供子役氏子幼子(おさなご)親子息子(むすこ)
[名のり]さね・しげ・しげる・たか・ただ・たね・ちか・つぐ・とし・み・みる・やす
[難読]泛子(うき)浮子(うき)浮塵子(うんか)御虎子(おまる)案山子(かかし)帷子(かたびら)硝子(ガラス)鱲子(からすみ)雉子(きじ)雉子(きぎす)餃子(ギョーザ)梔子(くちなし)山梔子(くちなし)胡頽子(ぐみ)小女子(こうなご)賽子(さいころ)骰子(さいころ)蠁子(さし)兄子(せこ)勢子(せこ)頼母子(たのもし)束子(たわし)梃子(てこ)茄子(なす)撫子(なでしこ)螺子(ねじ)捻子(ねじ)捩子(ねじ)刷子(はけ)刷子(ブラシ)梯子(はしご)囃子(はやし)檳榔子(びんろうじ)五倍子(ふし)黒子(ほくろ)子規(ほととぎす)神子(みこ)角子(みずら)零余子(むかご)無患子(むくろじ)郁子(むべ)没法子(メーフアーズ)面子(メンツ)柚餅子(ゆべし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す【子/司】[漢字項目]
〈子〉⇒
〈司〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【子】
十二支の一で、その1番目。
方角の名。北。
時刻の名。今の夜中の12時ごろ、およびその後の2時間。または夜中の12時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦11月の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

十二支の一つ。陽の水で、季節は冬、月は12月、時間は23~1時、方位は北を表す。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こ【子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

し【子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

し【子】
( 名 )
こ。こども。
五等爵の第四。子爵。
独自の思想・理論をもって一家をなした人。有徳の人。特に、孔子。 「 -のたまわく」
漢籍の分類法である四部(経・史・子・集)の一。経書以外の諸子百家の書、農学・芸術・宗教に関する書物など。
( 代 )
二人称。自分と同程度の相手をさす。古めかしい言い方。君。 「 -の考えやいかん」
( 接尾 )
動作性の名詞に付いて、そのことをもっぱら行う男子の意を表す。 「読書-」 「編集-」
古く、貴族の女子の名に添えて用いる。 「光明-」 「式-内親王」
名前の下に付けて親しみの意を表す。 「やや点兵衛-、どうなすつた/滑稽本・浮世風呂 4
自分の名の下に付けて、卑下する意を表す。 「芭蕉-/芭蕉書簡」
助数詞。碁石、特に置き碁のとき置く石を数えるのに用いる。 「三-置く」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【子】
十二支の第一番。年・日・時刻・方位などにあてる。ねずみ。
昔の時刻の名。現在の午前零時頃。また、午後11時から午前1時まで。または午前零時から午前2時まで。
方角の名。北。 → 子の日子の星

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


十二支の第1番目。「ねずみ」ともいい、十二支獣としてネズミがあてられる。北斗七星の柄(え)が日没時に子の方向をさす月というところから、陰暦11月の異称として用いられる。また、正月の子の日には人々は野に出て小松を引き、千代の寿を祝って遊ぶ子の日の遊びの習俗があり、また子の日には爪(つめ)を切るのを忌む風習もあった。時刻としても用いられ、今日の午前零時を中心とした前後2時間を「子の刻」「子の時」といった。方角としては北をいう。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し【子】
[1] 〘名〙
① こども。こ。特に男子をいう。
※正法眼蔵(1231‐53)法華転法華「まさに子は老なり、父は少なりとならふべし」 〔儀礼‐喪服〕
② 有徳の人、一家の学説をたてた人などの敬称。特に孔子をさす。
※仮名書論語(室町中)雍也「しののたふまく、中庸のとくたる事、それいたれるかな」
③ 漢籍を経・史・子・集に分けたいわゆる四部分類のうちの一つ。学者の学説を述べた著述の類。法家、農家などの諸子百家の書を主に含む。
※間合早学問(1766)上「第三の庫を子といふ。これ子類なり。諸子・天文・歴書・算法・兵書・医書など、すべて十七種の書ををさむと也」
④ 旧華族の爵位の第四番目。五爵の第四階に位するもの。ヨーロッパの貴族の階級についても用いる。子爵。〔改正増補和英語林集成(1886)〕 〔礼記‐王制〕
⑤ 利息。利子。三文子(さんもんし)、五文子(ごもんし)などと用い、この場合は、元金百文に対する一月分の利子をいう。〔上杉家文書‐享祿三年(1530)二月二日・毛利広春後室おうゑ須賀家依連署公用代借用証文〕
⑥ 囲碁で用いる黒白の石。碁石。
※菅家文草(900頃)五・囲碁「下子声偏小、成都勢幾多」 〔白居易‐池上二絶詩〕
[2] 〘代名〙 対称。対等またはそれ以下の人に対して用いる。
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)一「楚辞に曰。身既に死て神以て霊なり。子(シ)が魂魄鬼の雄となる」 〔韓非子‐難一〕
[3] 〘接尾〙
① 主として動作性の名詞に付けて、それを行なう男子の意を表わす。「編集子」「受付子」など。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三八「余は天下の秀才子(シ)と相知を辱ふす」
② 上代・中古、貴族の婦人の名に添えたもの。「光明子」「式子内親王」など。
③ 名の下に添えて、尊敬、時に親しみの意を表わす。特に、江戸の風流人の仲間で用いられたもの。
※俳諧・更科紀行(1688‐89)「荷兮子が奴僕をしておくらす」
④ 自分の名の下に添えて、謙遜の意を表わす。
※半残宛芭蕉書簡‐貞享二年(1685)正月二八日「半残雅丈 芭蕉子」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

っこ【子】
〘接尾〙
① 特定の状態にある人、特定の動作をする人を、やや軽く見ていう。「末っ子」「ちびっ子」「売れっ子」「にくまれっ子」「いじめっ子」「甘えっ子」「いたずらっ子」「駄々っ子」「一人っ子」「娘っこ」「小僧っこ」「あまっこ」「甥(おい)っ子」「鍵っ子」「現代っ子」「秘蔵っ子」「ぶりっ子」
② その土地出身の人の意を表わす。「江戸っ子」「浜っ子」「土地っ子

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね【子】
〘名〙
① 十二支の一つで、その第一番目。ねずみ。
※拾遺(1005‐07頃か)物名・四二九「ね うし とら う たつ み ひと夜ねてうしとらこそは思ひけめうきなたつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」
② ①を年月日・方角時刻に配して、その呼び名とするもの。
(イ) ①にあたる年や日。
※万葉(8C後)二〇・四四九三「初春の初禰(ネ)の今日のたまばはき手にとるからにゆらく玉の緒」
(ロ) 北の方角。北。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)九「昼日に星顕はる、方角に寄て吉凶有。今見る所は北方子(ネ)の方」
(ハ) 現在の午前零時頃。また、その前後二時間。一説に、その後二時間。子の刻。子の時。
※枕(10C終)二九〇「時丑三つ、ね四つなど、はるかなる声にいひて」
(ニ) (北斗七星の柄が初昏に子(ね)の方向をさす月の意から) 陰暦一一月の異称。《季・冬》
※俳諧・滑稽雑談(1713)一一月「又十一月は子月なる故に、子の日を用る事は其子細ある事なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.