Rakuten infoseek

辞書

子音【しいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

子音
しいん
consonant
普通,言語音は子音と母音に二大別されるが,その基準には諸説がある。 (1) 口むろないし喉頭閉鎖または狭いせめが起って生じる音を子音とする。 (2) きこえが母音より小さいものを子音とする。 (3) 音節の主音とならないものを子音とする,な。しかし,子音を純粋に音声学的観点のみから規定することは困難,いかなる音韻的構造上の位置に立つかというような,音韻論的観点の導入が必要である。 K.パイクは,consonant-vowelの用語は音韻論的に用い,音声学的なものとしては contoid-vocoidを採用している。これによると,[h] ,[j] ,[w] など,普通は consonantとみなされている音が vocoidに入ることになる。子音は調音位置 (両唇音歯音など) と調音様式 (閉鎖音,摩擦音など) とによって分類される。たとえば [k] は軟口蓋・閉鎖音である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐いん【子音】
言語音の最小単位である単音の分類の一。呼気喉頭から口腔にかけてどこかで閉鎖または狭めが作られて発せられる音。閉鎖・狭めの部位や呼気が鼻腔に流れるか否かの差異により破裂音(閉鎖音)・摩擦音破擦音鼻音などに分けられるほか、声帯の振動を伴うか否かによって、有声子音・無声子音に分類される。父音。しおん。⇔母音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐おん【子音】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しいん【子音 consonant】
声門から唇までの声道において,流れる空気を閉鎖により全部もしくは一部遮断したり,せばめにより摩擦させたりして発する言語音声。上下の調音器官や声帯を接触または接近させて閉鎖やせばめを作り,空気の流れの妨害が行われる。これは,声道において,流れ出る空気が妨害されることなく発せられる母音と区別される。子音は,(1)妨害が行われる位置,(2)その方法,(3)軟口蓋の位置,(4)声帯の状態,により分類される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しいん【子音】
言語音の分類の一。発音に際して発音器官のどこかで閉鎖、摩擦・せばめなど、呼気の妨げがある音。声帯の振動を伴うか否かにより、有声子音(g, z, d, b など)と無声子音(k, s, t, p など)に分けられる。父音。しおん。 〔西周にしあまねの「百学連環」(1870~71年)で英語 consonants の訳語とされた〕 ⇔ 母音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しおん【子音】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

子音
しいん
母音に対する単音の二大分類上の一つ。〔1〕音響的には非周期波である噪音(そうおん)、〔2〕聴覚的には相対的に「聴こえ」の小さいもの、〔3〕生理的には声道におけるいずれかの部位に閉鎖やせばめなどによる障害を伴うものなどと定義されるが、〔1〕では[m,n,…]などの楽音が子音に、また無声化母音(たとえばささやき声の母音など)の噪音が母音に分類される点、〔2〕では無声化母音よりも「聴こえ」の大きな[m,n,…]などが子音に分類されている点、およびその根底にある「聴こえ」に対する科学的根拠、〔3〕では声道に比較的障害を伴わない[w,j,h,…]などが子音に分類される点、などに問題が残る。
 以上のように、子音と母音の境界は、場合によってはかならずしも明瞭(めいりょう)ではなくなるところから、音節の頂点を形成する能力を有するものを母音とし、しからざるものを子音とするいわば機能的な見方が導入された。しかし、こうすると、たとえば英語のcouple[k∧p],prism[prIz],mutton[m∧t]などの[,,]は子音でありながら、成節的であるということになる。
 この点を克服するためにソシュールは、母音・子音という基準以外に、機能面から成節的であるものにsonante(自鳴音または自響音)、しからざるものにconsonante(共鳴音または他響音)という2種の術語を付与した。また、パイクは、従来の母音・子音という分類を、多かれ少なかれ音韻論的基準が持ち込まれているとして、これに対し、純粋に音声学的基準によるvocoid(母音類)とcontoid(子音類)の別をたてている。その結果、呼気が口腔(こうこう)の中央を通り、しかも摩擦や閉鎖のないものがvocoid、それ以外はすべてcontoidとなる。したがって無声化母音、半子音、[r,l,,,h,…]などの母音的子音は、いずれもvocoidと分類されることになった。一方、ホケットC. F. Hockettも同じ術語を用いるが、聴覚面から定義づけをしているため、たとえば[m,n,,…]などの鼻音をはじめとして、微弱な摩擦音である接近音をもvocoidとしている。
 わが国では中国音韻学における声母(ほぼ子音に相当)と韻母(ほぼ母音に相当)の別に倣って、初期は母韻・子韻とし、ついで母音・父音を経て母音・子音と称するようになった。ただし、子音を「シオン」と読むと、歯音と同音衝突をおこすので、現在は「シイン」と読む。実用的見地からは、国際音声字母による調音点(横軸)と調音様式(縦軸)および声帯振動の有無による分類がもっとも便利である。[城生佰太郎]
『服部四郎著『音声学』(1951・岩波書店) ▽城生佰太郎著、金田一春彦監修『音声学』(1982・アポロン音楽工業社) ▽M・シュービゲル著、小泉保訳『音声学入門』(1973・大修館書店) ▽B・マルンベリ著、大橋保夫訳『音声学』(1959・白水社・文庫クセジュ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐いん【子音】
〘名〙 言語音の分類の一つ。母音以外の音の総称。発音の際に、舌・歯・口腔・唇などの発音器官によって呼気の通路を狭めたり、閉鎖したりすることによって発する音。声帯の振動を伴うか否かによって、有声子音・無声子音に分類される。k・z・n・p・hなど。しおん。父音(ふいん)。コンソナント。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉一「文字に consonants (子音)及ひ vowels (母音)の二種あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐おん【子音】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.