Rakuten infoseek

辞書

子宮復古【しきゅうふっこ】

妊娠・子育て用語辞典

しきゅうふっこ【子宮復古】
妊娠すると、女性の子宮は大きさや長さを増します。子宮内には胎盤もできます。子宮復古とは、妊娠・分娩によって生じたこれらの変化が、分娩後、徐々に妊娠前の状態に戻ることをいいます。期間はおよそ分娩後6週~8週で、この時期を産褥期といいます。子宮の復古は後陣痛、さらに赤ちゃんに母乳を与えることで促進されます。産後1週目にはまだ子宮は下腹部あたりに触れますが、2週目にはさらに収縮しておなかの上から触れなくなります。4週目には妊娠前の大きさに近づき、6~8週ごろにはおよそ妊娠前の状態に戻ります。このころまで1日数回、茶色の悪露が見られるときもありますが、血が混じっている、悪露の量が減らない、嫌なにおいがする、腹痛があるなどのときは、子宮復古がうまくいっていない可能性もあるので、すみやかに産婦人科を受診しましょう。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきゅうふっこ【子宮復古】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

子宮復古」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子宮復古の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.