Rakuten infoseek

辞書

子孫【しそん】

デジタル大辞泉

し‐そん【子孫】
一つの血統を受け継いで生まれてきたもの。また、生まれてくるもの。後裔(こうえい)。「子孫の繁栄を願う」
子と孫。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

子孫(こまご)
兵庫県西宮市にある一軒家の日本料理店。旅館から業態変更し、2002年に開業

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しそん【子孫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しそん【子孫】
子と孫。
子・孫・曽孫と血筋をひいて生まれる人々。また広く、のちの世代の人々。後裔こうえい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐そん【子孫】
〘名〙
① 子と孫。子や孫。児孫。
※続日本紀‐霊亀元年(715)一〇月丁丑「親族死亡子孫数人。常恐被狄徒抄略乎」
※平家(13C前)一「太政大臣まできはめ給へり。子孫の官途(くんど)も龍の雲に昇るよりは猶すみやかなり」 〔詩経‐周南・螽斯〕
② 祖先から代々血筋や家系を引く人々。末流。後裔。児孫。
※懐風藻(751)葛野王伝「我国家為法也、神代以来、子孫相承、以襲天位
※読本・雨月物語(1776)貧福論「貧福をいはず、ひたすら善を積(つま)ん人は、〈略〉子孫(シソン)はかならず幸福を得べし」 〔書経‐五子之歌〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子孫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子孫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.