Rakuten infoseek

辞書

嬉遊笑覧【きゆうしょうらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嬉遊笑覧
きゆうしょうらん
江戸時代後期の随筆。 12巻,付録1巻。喜多村信節 (のぶよ) 著。天保1 (1830) 年刊。各巻上下2章から成り,主として江戸時代の市井風俗,歌舞音曲などについて,多くの書から抄録したものに考証を試みたもの。江戸時代の風俗芸能研究に不可欠な資料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゆうしょうらん〔キイウセウラン〕【嬉遊笑覧】
江戸後期の随筆。12巻。付録1巻。喜多村信節(きたむらのぶよ)著。文政13年(1830)成立。諸書から江戸の風俗習慣や歌舞音曲などを中心に社会万般の記事を集め、28項目に類別して叙述したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゆうしょうらん【嬉遊笑覧】
江戸時代の類書喜多村節信(ときのぶ)著。12巻,付録1巻。文政13年(1830)自序。分類編成の内容は風俗的な事象で,記述は古文献による考証である。分類は居処・容儀(巻一),服飾・器用(巻二),書画・詩歌(巻三),武事雑伎(巻四),宴会・歌舞(巻五),音曲・翫弄(巻六),行遊・祭祀・仏会(巻七),慶賀忌諱方術(巻八),娼妓・言語(巻九),飲食・火燭(巻十),商賈・乞士・化子(巻十一),禽虫・漁猟・草木(巻十二)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゆうしょうらん【嬉遊笑覧】
随筆。一二巻、付録一巻。喜多村信節のぶよ著。1830年自序。江戸時代の風俗・習慣などに関する事柄を分類し、考証を加えたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

嬉遊笑覧
きゆうしょうらん
江戸後期の随筆。12巻、付録1巻。喜多村(いんてい)(節信(ときのぶ))著。文政(ぶんせい)13年(1830)序。江戸時代の風俗に関する百科事典ともいうべきもので、「居所」(建物、庭、置物など)、「容儀」(髪型、化粧など)、「服飾」(服装・装身具など)以下、「草木」に至るまで27部門に類別し、4000余項目について、和漢古今の文献を広く引用し、詳しく解説するが、挿絵はない。付録1巻は「或問(わくもん)付録」とあるように、問いに対する答えの形式をとり、内容雑多な196項目よりなる。
 序文に、長年抄記しておいた反古(ほご)の散乱を惜しみ、これらを体系だてて整理、浄書したものであると自ら記すが、これが本書の際だった特色となっている。記述は江戸の町に偏りぎみで、また著者の一癖ある人柄も反映して、人をそしる文章もままみられるが、「古書をもつて徴とする」という態度と知的好奇心の旺盛(おうせい)さが、本書を江戸風俗を知るための第一の書たらしめている、といってもけっして過言ではない。[宇田敏彦]
『『日本随筆大成 別巻 嬉遊笑覧1~4』(1979・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゆうしょうらん キイウセウラン【嬉遊笑覧】
江戸時代後期の随筆集。一二巻、付録一巻。喜多村信節(のぶよ)著。文政一三年(一八三〇)成立。江戸時代の風俗習慣、歌舞音曲などを中心に、諸書から抄録して私見を加えたもの。古今の庶民生活の具体的な諸相を伝えるものとして重要視される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嬉遊笑覧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嬉遊笑覧の関連情報

他サービスで検索

「嬉遊笑覧」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.