Rakuten infoseek

辞書

嫗山姥【こもちやまうば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

嫗山姥
こもちやまうば
浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。正徳2 (1712) 年大坂竹本座初演。山姥伝説による謡曲山姥 (やまんば) 』や古浄瑠璃をふまえ,源頼光坂田公時をはじめとする四天王が世に出る経緯を描く。女武道や長ぜりふを得意芸とした当時の名女方1世萩野八重桐を当て込んだ2段目「兼冬館」が特に著名で,仇討ちの本望をとげるまで夫時行と離れて暮す元遊女の八重桐が,時行との廓でのなれそめを物語る廓噺が中心。偶然再会した時行は,八重桐の胎内に魂を宿すと言い残して自害する。のちに八重桐が山姥となり,産み育てるのが坂田公時である。また4段目「山姥山めぐり」はのちに常磐津節などにも影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こもちやまんば【嫗山姥】
浄瑠璃時代物。五段。近松門左衛門作。正徳2年(1712)大坂竹本座初演。謡曲山姥」に頼光四天王の世界を配する。二段目の「八重桐廓噺(やえぎりくるわばなし)」が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こもちやまんば【嫗山姥】
人形浄瑠璃。時代物。5段。通称《しゃべり山姥》。近松門左衛門作。1712年(正徳2)7月大坂竹本座初演。謡曲《山姥》に頼光四天王の世界をからませたもの。源頼光と清原高藤の抗争が主筋で,坂田時行と八重桐の葛藤が副筋であるが,二・四段目の〈八重桐廓話(くるわばなし)〉(しゃべり)と〈山姥〉が有名で,歌舞伎でもこの二段目〈兼冬館〉の〈しゃべり〉の場のみが上演されている。煙草屋源七(実在の人物を当て込んだもの)実は坂田時行と,廓でなじみの荻野屋八重桐(実在の女方役者荻野八重桐を採り入れた)が,廓話にかこつけて恋のなれそめを語る〈しゃべり〉が,父の敵討を果たさぬ男のふがいなさをなじる形に進み,時行はそれを恥じて自分の魂を八重桐の体内に宿らせ男児になって誕生すると称して自害する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こもちやまんば【嫗山姥】
人形浄瑠璃、時代物の一。近松門左衛門作。1712年初演。謡曲「山姥」に頼光四天王の世界を取り合わせて脚色したもの。現在は、二段目の「八重桐廓噺やえぎりくるわばなし」(俗称「しゃべり山姥」)のみが上演される。四段目は歌舞伎舞踊「山姥」に影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

嫗山姥
こもちやまんば
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。近松門左衛門作。1712年(正徳2)大坂・竹本座初演。源頼光(よりみつ)が四天王とよばれる勇臣を得て政敵清原高藤(きよはらのたかふじ)を討つまでの話に、謡曲『山姥』を織り込んだ作。二段目「兼冬館(かねふゆやかた)」だけが文楽(ぶんらく)でも歌舞伎(かぶき)でも今日に流行している。坂田蔵人時行(さかたのくらんどときゆき)は遊女荻野屋八重桐(おぎのややえぎり)と夫婦になったが、父の仇(あだ)、物部平太(もののべへいた)を討つため妻と別れ、煙草屋(たばこや)源七となって流浪し、大納言(だいなごん)兼冬の館で頼光の許婚(いいなずけ)である沢瀉(おもだか)姫の機嫌をとるが、再会した八重桐から敵(かたき)はすでに妹糸萩(いとはぎ)が討ったと聞き、面目なさに切腹。その魂を胎内に宿らせた八重桐は通力を得て、姫を奪いに乱入した高藤勢を追い払い、足柄(あしがら)山へ飛び去る。当時の名女方荻野八重桐や実在の名物煙草屋を当て込んだもの。八重桐が源七への面当てに、姫の面前で廓(くるわ)における馴初(なれそ)めをしゃべる長話が眼目なので、通称を「八重桐廓噺(ばなし)」、俗に「しゃべり」という。原作はほかに、碓井貞光(うすいさだみつ)が糸萩の助太刀をする話(初段)、頼光をかくまう美濃(みの)の判官(はんがん)仲国(なかくに)が冠者丸(かんじゃまる)を身替りにたてる話(三段目)、山姥となった八重桐から生まれた快童丸(かいどうまる)が坂田公時(さかたのきんとき)と名のって頼光に仕える話(四段目)などがおもな内容。四段目は舞踊劇「山姥物」の原形とみられる。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こもちやまんば【嫗山姥】
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。正徳二年(一七一二)頃大坂竹本座初演。謡曲「山姥」をもとにして、これに頼光四天王の世界を取り入れたもの。二段目の「八重桐廓話(やえぎりくるわばなし)」は「しゃべり」の演技として名高く、四段目の山姥と快童丸のくだりは歌舞伎所作事「山姥」の原拠となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

嫗山姥
こもちやまんば
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
近松門左衛門(1代)
補作者
近松徳叟 ほか
初演
正徳2.7(大坂・竹本座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嫗山姥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嫗山姥の関連情報

他サービスで検索

「嫗山姥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.