Rakuten infoseek

辞書

娑婆【サバ】

デジタル大辞泉

さ‐ば【×娑婆】
しゃば(娑婆)」に同じ。
「―のほかの岸(=彼岸)に至りてとくあひ見む」〈・若菜下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃば【×娑婆】
《〈梵〉sahāの音写。忍土・堪忍土などと訳す》
仏語。釈迦が衆生(しゅじょう)を救い教化する、この世界。煩悩(ぼんのう)や苦しみの多いこの世。現世。娑婆世界。
刑務所・兵営などにいる人たちが、外の自由な世界をさしていう語。「娑婆の空気」「娑婆に出る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

娑婆
 古墳時代の防府周辺の地名です。これ以外にも別の漢字が当てられる場合もあります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃば【娑婆】
原語はサンスクリットのサハーsahāとされ,訶(しやか),索訶(さくか)とも訳される。サハーは,本来大地を意味するが,釈尊がこの大地の上に生まれたことから〈釈尊の世界〉〈この世〉の意味になったと考えられる。それゆえ,娑婆は正しくは娑婆世界Sahā‐lokadhātuである。一方,これとは別に,堪忍(たんにん),能忍とも,雑会(ぞうえ)とも訳されている。前2者は原語のサハーを〈堪えるsah〉という動詞からつくられた語と解したためであり,後者はサハーとはまったく別の〈集会sabhā〉が原語であると解したためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さば【娑婆】
しゃば(娑婆)に同じ。 -の外の岸にいたりて/源氏 若菜上

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃば【娑婆】
sahā堪忍忍土忍界と訳す
他の諸仏が教化する仏国土に対し、釈迦が教化するこの世界。娑婆世界。娑界。
人間の世界。この世。俗世間。
(軍隊・刑務所内や遊郭など)自由が束縛されている世界に対して、その外の束縛のない自由な世界。
[句項目] 娑婆で見た弥三郎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

娑婆
しゃば
大乗仏典において、釈迦(しゃか)の教化する世界、すなわち、われわれ有情(うじょう)の住む世界をいう。サンスクリット語サバーsabhの音写。サンスクリット語の原義は明確でないが、まず梵天(ぼんてん)の称号の一つとしてサバーパティsabhpatiあるいはサハーパティsahpatiという語ができ、それからサバーまたはサハーという世界の名が分離したものと推定され、この梵天の支配する国土の意から、釈迦の教化する世界をさすものに転じたと考えられる。大乗仏教では、彼岸(ひがん)の浄土に対して、此岸(しがん)の有情の世界を娑婆というのであるから、本来娑婆世界は三千世界よりなり、有情、すなわち天、人、地獄、餓鬼(がき)、畜生(ちくしょう)、阿修羅(あしゅら)の六道を含むものである。しかし、わが国では、人間社会のみを娑婆といい、極楽(ごくらく)や地獄などと区別している。また、転じて、軍隊、牢獄(ろうごく)、遊廓(ゆうかく)など自由を拘束されたところからみて、外の自由な社会をもいう。[高橋 壯]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐ば【娑婆】
〘名〙 (「さ」は「しゃ」の直音表記) この世。現世。しゃば。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「天女と申すとも、くだりましなむ。いはんや、さばのひとは、こくわうときこゆとも、おもむき給なんをや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃば【娑婆】
〘名〙
① (sahā の音訳。堪忍、能忍などと訳す) 仏語。さまざまの煩悩(ぼんのう)から脱することのできない衆生が、苦しみに堪えて生きているところ。釈迦如来が衆生を救い、教化する世界。現世。俗世界。裟婆世界。娑婆界。娑界。娑婆道。
※法華義疏(7C前)一「従娑婆以下、列色界天
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)三「殊に御身はしゃばと冥途に親三人」 〔法華経‐化城喩品〕
② 自由を束縛された軍隊、刑務所(牢獄)、遊郭などの内にいる人々から見た、外の一般人の自由な世界。また、のびのびとした気ままな世界。
※慶長見聞集(1614)六「されば籠内をば地獄、外をしゃばと罪人いふ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「新橋へ着いた時は、漸く娑婆へ出た様な気がした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

娑婆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

娑婆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.