Rakuten infoseek

辞書

姜沆【きょう こう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

姜沆 きょう-こう
1567-1618 朝鮮王朝の官僚。
明宗22年5月17日生まれ。1593年科挙合格豊臣秀吉の第2次朝鮮出兵(慶長の役)で捕虜となり,京都に閉される。播磨(はりま)(兵庫県)竜野城主赤松広通の保護下に藤原惺窩(せいか)とまじわり,朱子学をつたえた。慶長5年(1600)釈放され,帰国主著「睡隠集」の中に日本の内情や自身の捕虜生活をしるした「看羊録」がおさめられている。光海君10年5月6日死去。52歳。号は睡隠。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きょうこう【姜沆 Kang Hang】
1567‐1618
朝鮮,李朝中期の文臣。字は太初,号は睡隠。晋州の人。1593年に科挙の文科及第。朝鮮屈指の大儒李退渓,李栗谷らの学統をつぐ。97年豊臣秀吉の再出兵(慶長の役)のとき,藤堂高虎水軍の捕虜となる。京都伏見で幽閉生活を送り,赤松広通の援護のもとで相国寺の禅僧藤原惺窩と交友し,朝鮮儒学の成果や孔子祭典を伝える。姜沆は1600年に帰国したが,惺窩は後,儒者として仏教とたもとを分かつなど,日本の儒学の展開に大きな影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうこう【姜沆】
1567~1618 儒学者。秀吉の朝鮮出兵(慶長の役)により、日本に連行・抑留される。藤原惺窩らと交流、江戸時代の儒学興隆の礎を築く。抑留記「看羊録」を残す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姜沆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姜沆の関連情報

関連キーワード

ビーラー・ホラの戦メアリー・スチュアートモラレスオニール斎藤龍興パリッシードゥラードマウリッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.