Rakuten infoseek

辞書

【イ】

デジタル大辞泉

い【委】[漢字項目]
[音](ヰ)(呉)(漢) [訓]ゆだねる まかせる くわしい
学習漢字]3年
自分ではしないで、他人にまかせる。「委譲委嘱委託委任
放っておく。「委棄
細かくくわしい。「委曲委細委悉(いしつ)
「委員」「委員会」の略。「教委
[名のり]くつ・つく・とも・もろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐・す ヰ‥【委】
〘他サ変〙 ⇒いする(委)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い‐・する ヰ‥【委】
〘他サ変〙 ゐ・す 〘他サ変〙
① まかせる。ゆだねる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② ある状態や他人の行為などに、逆らわないでまかせる。なすがままにする。
※紫(1901)〈与謝野鉄幹〉日本を去る歌「空しく北夷の蹂に委(イ)したる」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「漫に一小俗吏の手に委(ヰ)し其稟申(りんしん)に由て直ちに禁止の命令を伝ふるものならば」
③ 捨てる。ほうっておく。
※細君(1889)〈坪内逍遙〉三「交遊に笑はるれば婦人の名誉は泥に委(ヰ)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆだ・ぬ【委】
[1] 〘他ナ上二〙 =ゆだねる(委)
※書紀(720)雄略一五年(前田本訓)「秦造に勿委(ユタニす)(〈別訓〉ユタニしめす)」
[2] 〘他ナ下二〙 ⇒ゆだねる(委)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆだ・ねる【委】
〘他ナ下一〙 ゆだ・ぬ 〘他ナ下二〙 処置などを人にまかせる。自分の仕事を他人に行なわせる。一任する。委任する。
※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「天皇、穴穂天皇の曾(いむさき)、市辺押磐(おしはの)皇子を以て国を伝へて、遙に後事を付嘱(ユタネつ)けむと欲(おほ)せしを恨みて」
※死の棘(1960)〈島尾敏雄〉「何をしていてそのあとを眠りにゆだねたかを思い出すのは、苦しい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

委の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.