Rakuten infoseek

辞書

委託販売制【いたくはんばいせい】

図書館情報学用語辞典

委託販売制
小売店がメーカーの生産した商品を,買切りではなく,返品可能な委託という形で仕入れることのできる制度.出版界では一般に,出版社が発行した新刊書は書籍取次を経由して書店へと配本されるが,委託販売制により,一定期限内であれば,書店は仕入れた商品を再び取次を通して出版社に返品できる.このことにより,多品種小量生産という特性を持った本という商品を,小売店である書店は自らのリスクを負うことなく店頭展示販売ができる.しかしながら年間7万点を超す出版点数に対応しなければならないために,書店側が早め早めに委託本を返品してしまうという弊害も生まれている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

委託販売制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

委託販売制の関連情報

他サービスで検索

「委託販売制」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.