Rakuten infoseek

辞書

委任統治【イニントウチ】

デジタル大辞泉

いにん‐とうち〔ヰニン‐〕【委任統治】
第一次大戦後、国際連盟委任のもとに、戦勝国が敗戦国の植民地などに対して行った統治国際連合信託統治前身。→信託統治

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いにんとうち【委任統治 mandate】
第1次大戦に敗れたドイツおよびトルコの統治を離れた地域を統治するために,国際連盟規約22条に基づいて設けられた制度。南アフリカスマッツ将軍は,ロシア,トルコなどに属した地域は国際連盟自身または連盟が委任する国家によって統治されるべきであると主張した。アメリカのウィルソン大統領は,適用範囲について,ロシアを除き,ドイツの植民地を加えて,スマッツに同調した。日本,イギリス,フランスなどは,アメリカ参戦前にドイツ植民地を占領したうえ,領土権分配をも互いに約束していたが,同盟国のこのような動きを阻止したいウィルソンにとって,委任統治は好都合な方法であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いにんとうち【委任統治】
第一次大戦後、国際連盟の委任に基づいて、特定の国が敗戦国の植民地およびこれに準ずる領土に対して行なった統治。日本は旧ドイツ領南洋群島を委任統治した。国際連合の信託統治の前身。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

委任統治
いにんとうち
mandate
国際連盟が設けた植民地統治の監督制度。第二次世界大戦後、国際連合の信託統治制度に引き継がれた。19世紀の初めまで、植民地は施政国がまったく自由に統治していたが、19世紀の中ごろから、原住民保護を目的とした条約がしだいに結ばれるようになった。しかし、これらの諸条約は主として施政国自身の利益保持の観点から実施されたため、その誠実な履行を監視する必要があった。このため設けられたのが委任統治制度である。この制度は、植民地人民の発達の程度に応じて、A、B、Cの三方式に分けられたが、いずれの地域においても、施政国は住民に対して、良心および信教の自由を認めることと、奴隷売買や武器、酒類の取引などの悪習を禁止することが義務づけられた。そして施政国は、年報の審査などの手段により、この義務の履行について国際連盟の監督を受けた。ただし、この制度のもとに置かれたのは、第一次大戦の結果、敗戦国ドイツおよびトルコから分離された地域に限られ、それをイギリス、フランス、ベルギー、日本などの戦勝国が、国際連盟にかわり受任国として統治することとされたのである。このように、委任統治制度の設立には、第一次大戦の戦勝国による植民地再分割の意図を隠蔽(いんぺい)しようとする目的があったことは否めない。しかし、これによって史上初めて植民地統治の国際的監督が実現したのであり、原住民の保護は大きく前進することになった。[太寿堂鼎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いにん‐とうち ヰニン‥【委任統治】
〘名〙 (「いにんとうぢ」とも) 第一次大戦後国際連盟の委任をうけ、イギリス、フランス、ベルギー、日本などの戦勝国が、ドイツ、トルコの旧植民地などを統治したこと。また、その形態。〔モダン語漫画辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

委任統治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

委任統治の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.