Rakuten infoseek

辞書

【コ】

デジタル大辞泉

こ【姑】[漢字項目]
[音]コ(漢) [訓]しゅうとめ しゅうと しばらく
夫の母。しゅうとめ。「姑舅(こきゅう)/舅姑(きゅうこ)
しばらく。一時的。「姑息
[難読]姑娘(クーニャン)慈姑(くわい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうと‐め〔しうと‐〕【×姑】
夫または妻の母。しゅうと。
[補説]「舅」「姑」について→[補説]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しうと‐め【×姑】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうとめ【姑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうとめ【姑】
しゅうと(姑)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ【姑】
〘名〙
① 配偶者の母。しゅうとめ。
※続日本紀‐和銅七年(714)一一月戊子「信紗氏直果安妻也。事舅姑孝聞」 〔爾雅‐釈親〕
② 父の姉妹。おば。
※正倉院文書‐大宝二年(702)御野国本簀郡栗栖太里戸籍「戸主姑宇利売〈年六十六耆女〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しいと‐め しひと‥【姑】
※令集解(738)喪葬「古記云。釈親云。婦称夫之父舅。称夫之母姑。案生夫之身夫父母。俗云志比止志比止売也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうと‐め しうと‥【姑】
〘名〙
① 配偶者の母。主に、夫の母をいう。しゅうと。しいとめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※土左(935頃)承平五年正月九日「手切る切る摘んだる菜を、親やまぼるらん、しうとめや食ふらん」
② 蕗(ふき)の若い花茎。ふきのとう。
※俳諧・俳諧四季部類(1780)正月「蕗の薹 ふきの芽 しうとめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しうと‐め【姑】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.