Rakuten infoseek

辞書

姑息【コソク】

デジタル大辞泉

こ‐そく【×姑息】
[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息
[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が15.0パーセント、「ひきょうな」の意味で使う人が70.9パーセントという結果が出ている。
[派生]こそくさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こそく【姑息】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「礼記檀弓上」より。「姑」はしばらく、「息」はやむ意〕
根本的に解決するのではなく、一時の間に合わせにする・こと(さま)。 「 -な手段」 「因循-」 「無事を喜び-に安んずるの心/経国美談 竜渓」 〔現代では誤って「卑怯ひきようである」という意味に使われることが多い〕
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐そく【姑息】
〘名〙 (形動) しばらくの間、息をつくこと。転じて、一時のまにあわせに物事をすること。また、そのさま。一時しのぎ。その場のがれ。
※翁問答(1650)上「子のねがひのままに育てぬるを、姑息(コソク)の愛と云」
金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「一は期限内にだに返弁せば何事もあらじと姑息して」 〔礼記‐檀弓上第三〕
[語誌](1)「礼記」では、「君子」が「徳」をもって人を愛するのに対し、「細人」は「姑息」をもって人を愛するとしている。
(2)日本でも、近世に、「礼記」を受けて、儒教的な見地から否定的な語として用いられたが、一般に広く「一時のがれ」の意で用いられるようになるのは近世末からである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姑息」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姑息の関連情報

他サービスで検索

「姑息」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.