Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【始】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]はじめる はじまる
学習漢字]3年
はじめる。はじまる。「始業始動開始創始
はじめ。おこり。「始終始祖始末元始原始終始年始
[名のり]とも・はる・もと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はじまり【始】
〘名〙 (動詞「はじまる(始)」の連用形の名詞化) 物事が新しく起こること。また、その時期。行なわれている物事の起源やある状態が現われるきっかけ、出発点。濫觴。
愚管抄(1220)三「太上天皇のはじまりは、この持統の女帝の御時也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじま・る【始】
〘自ラ五(四)〙
① 物事が新しく起こる。発生する。開始される。⇔終わる
※古今(905‐914)仮名序「このうた、あめつちの開けはじまりける時より出できにけり」
※源氏(1001‐14頃)松風「大御遊びはじまりていと今めかし」
② (「…にはじまる」「…からはじまる」などの形で) それがもととなって物事が起こる。そこに起源をもつ。そこに起因する。
※古今(905‐914)仮名序「このうた、〈略〉世につたはることは、ひさかたのあめにしては、したてるひめにはじまり」
③ (「また、はじまる」の形で、あるいはそういう気持を込めて) 動作が再開される。特に、いつものくせが起こることをいう。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「此をばさんは、又はじまった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ・む【始】
〘他マ下二〙 ⇒はじめる(始)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ・める【始】
〘他マ下一〙 はじ・む 〘他マ下二〙
① 新しく事を起こす。あらたにやり出す。開始する。発足させる。創始する。
万葉(8C後)一八・四〇九四「吾が大君諸人を 誘ひ給ひ 善き事を 波自米(ハジメ)給ひて」
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)七「初て塔を基(ハシメ)し日」
② 最初とする。物事が起こるもととする。起因とする。
※万葉(8C後)八・一五三〇「女郎花秋萩まじる蘆城の野けふを始(はじめ)て万代に見む」
③ いくつかのうち、主たるものとする。第一のものとする。いくつかのものを列挙する場合にいう。
※竹取(9C末‐10C初)「親をはしめて、何事共知らず」
④ (「また、はじめる」の形で、あるいはそういう気持を込めて) 動作を再開する。特に、いつものくせを出すことをいう。「そら、また居ねむりをはじめたな」
⑤ 動詞の連用形に付けて、その動作をやりだすことを表わす。…し出す。「作りはじめる」「泣きはじめる」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな・る【始】
〘自ラ四〙 はじまる。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「イヤききなさい。今にねんぶつがはなりますハ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

始の関連情報

他サービスで検索

「始」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.