Rakuten infoseek

辞書

始期【しき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

始期
しき
一定の時期が到来することにより,たとえば債務履行義務が生じたり,契約そのものが効力を生じたりするなど,法律行為の効力が発生することになる期限の始りをいう。終期に対する概念。始期には何年何月何日というようにその到来する時期が確定している場合と,あるが死んだときというように到来する時期が不確定な場合とがある。しかしいずれにせよ始期も期限の一つであって,条件と異なり,必ず生じる事実に基づいている。始期のついた権利の消滅時効は,始期到来まで進行しない。なお,始期がまだ到来していない状態の権利も期待権の一種として保護される場合がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐き【始期】
物事の始まる時期。
法律で、法律行為の効力が発生し、または債務の履行を請求できるようになる期限。⇔終期

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しき【始期】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しき【始期】
物事のはじまる時期。
法律行為の効力が発生し、あるいは債務の履行を請求できるようになる期限。 ⇔ 終期

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐き【始期】
〘名〙
① ある物事がはじまる時期。はじめの期間。
② 法律行為の効力の発生または債務の履行を、将来確実に到来する事実の発生にかからせる付款。⇔終期
※民法(明治二九年)(1896)一三五条「法律行為に始期を附したるときは其法律行為の履行は期限の到来するまて之を請求することを得す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

始期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

始期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.