Rakuten infoseek

辞書

姉川城跡【あねがわじょうあと】

国指定史跡ガイド

あねがわじょうあと【姉川城跡】

佐賀県神埼市神埼町姉川にある中世の城館跡。佐賀平野の東部を流れる中地江(なかちえ)川左岸の、標高約3mの沖積平野の水田地帯に位置し、クリークと呼ばれる水堀を網の目状にめぐらせた環濠集落のような独特の城郭である。1360年(正平15・延文5)ごろ菊池氏によって築城され、その後、支族の姉川氏の居城となった。戦国時代には龍造寺氏に服属し、豊臣秀吉の九州制圧後、廃城になったとされる。南北約800m、東西約550mの規模で、クリークによって多くの島を造り、それらをつないで城域としているが、主郭であり「館(たち)」という地名を残す島には、舟入り場や土塁跡がみられ、掘立柱建物や橋、井戸などの遺構が発掘された。14世紀から16世紀後半にかけて、館が拡大して城に発展する様子がうかがえ、全国的にも類例がない城館跡として、2010年(平成22)、国の史跡に指定された。JR長崎本線神埼駅から車で約10分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

姉川城跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姉川城跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.