Rakuten infoseek

辞書

【つま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


つま
宮崎県中部,西都市の中心市街地。宮崎平野西部の洪積台地にある。旧町名。 1955年上穂北村と合体して西都町となり,58年から西都市の一部。古代から中世にかけて日向国の中心地。特別史跡の西都原古墳群やコノハナノサクヤヒメ (木花開耶姫) を祀る都万神社などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい【妻】
つま。他人に対して自分のつまをいう語。家内
「今―も憚(はばか)りへ行きたいと云うものだから」〈芥川・将軍〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい【妻】[漢字項目]
[音]サイ(呉) [訓]つま
学習漢字]5年
〈サイ〉夫の配偶者。つま。「妻子愛妻恐妻愚妻後妻(ごさい)正妻夫妻亡妻
〈つま(づま)〉「新妻(にいづま)人妻
[難読]後妻(うわなり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つま【妻】
《「夫(つま)」と同語源》
配偶者である女性。「をめとる」「糟糠(そうこう)の」⇔

㋐刺身や吸い物のあしらいに用いる野菜や海藻。つまもの。「刺身の
㋑主となるものに添えるもの。「話のにされる」
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つま【妻】[書名]
北原武夫の小説。昭和13年(1938)発表。同棲中に死んだ妻をめぐる新心理主義風の作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

つま【妻】
刺身の添え物に、また吸い物椀種あしらいに用いる野菜や海藻など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

つま【妻】
宮崎の芋焼酎。酒名は、蔵元が妻を思いやり命名。出身校の妻高校にちなむともいわれる。無農薬米で作った米麹を使用した限定品。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数39%。蔵元の「岩倉酒造場」は明治23年(1890)創業。所在地は西都市大字下三財。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

1953年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:林芙美子、脚色:井手俊郎、撮影:玉井正夫。出演:上原謙高峰三枝子丹阿弥谷津子、伊豆肇、中北千枝子、高杉早苗、三國連太郎ほか。第8回毎日映画コンクール男優主演賞(上原謙)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つま【妻】
現在では,一般に男性の配偶者である女性を妻というが,かつては,〈つま〉という呼名は,男であれ,女であれ,結婚の相手や恋人を指していた。たとえば,《伊勢物語》に,男に草むらの中に隠された女が〈武蔵野は今日はな焼きそ若草のつまもこもれり我もこもれり〉と詠んだとあるのは,〈つま〉が男性を指している例である。以下では,日本における婚姻関係にある女性について記述する。
【日本史上における妻】

[古代]
 古代における妻の他の時代と異なる大きな特徴は,夫とは別に自己の特有の財産を所有し,かつそれを自分の意志で自由に処分,運営できた点であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さい【妻】
(多く手紙文の中などで)自分の妻つまのことを他人にいうときに用いる語。家内かない。女房にようぼう。 「よろしくと-も申しておりました」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つま【妻】
〔「つま(夫)」と同源〕
[1]
配偶者である女性。 ⇔ おっと 「 -を娶めとる」 「新-にいづま」 「糟糠そうこうの-」
[2]
主要な料理、特に刺身などのあしらいに添える野菜や海藻。 「刺身の-」
主となるものを引き立てるために添えるもの。 「話の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔宮崎県〕妻(つま)

宮崎県西都(さいと)市の中心地区。古代の日向(ひゅうが)の中心地。西隣の三宅(みやけ)地区に国府・国分寺・国分尼寺がおかれた。式内社の都萬(つま)神社があり、境内のクスノキの木は国指定の天然記念物。三宅地区に特別史跡の西都原(さいとばる)古墳群がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい【妻】
〘名〙 つま。女房。特に、他人に向かって自分の妻をさしていう語。家内。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「さいなども、いづれをか率てものすらん」
浮世草子・好色盛衰記(1688)四「惣じて女良をひきぬき。妻(サイ)のごとく宿に置て」 〔詩経‐豳風〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【妻】
〘名〙 「め(妻)」に当たる、上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三四三「我(わ)ろ旅は旅と思(おめ)ほど家(いひ)にして子持(め)ち痩(や)すらむわが美(ミ)(かな)しも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妻の関連情報

他サービスで検索

「妻」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.