Rakuten infoseek

辞書

妙手【ミョウシュ】

デジタル大辞泉

みょう‐しゅ〔メウ‐〕【妙手】
たくみな技量。すぐれた腕前。また、その持ち主。「琴の妙手
将棋で、他人には予想もできないうまい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みょうしゅ【妙手】
非常にすぐれた手段。特に、すぐれた囲碁・将棋の手。 「 -を打つ」
芸術・武芸などで、すぐれた技量の持ち主。名手。 「ピアノの-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょう‐しゅ メウ‥【妙手】
〘名〙
① すぐれたうでまえ。巧みな技量技。また、その持ち主。上手。
※蔭凉軒日録‐寛正二年(1461)一二月八日「又善阿彌有不予之事。即平愈。於予請薬。命法眼薬与之。頓愈有彼泉石妙手之事也」 〔蔡洪‐囲棋賦〕
② 碁、将棋など勝負事で、ちょっと気のつかない非常に妙味のある手。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「『やっぱり銀にしておけば能いのに』『ヘヘン、妙手(メウシュ)を指すてナ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妙手の関連情報

他サービスで検索

「妙手」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.