Rakuten infoseek

辞書

妄想【もうぞう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

妄想(森鴎外の小説)
もうぞう
森鴎外(おうがい)の短編小説。1911年(明治44)3~4月、『三田文学』に発表。13年(大正2)7月、籾山(もみやま)書店刊の『分身』に収録。鴎外自身をモデルとする翁(おきな)の述懐という形式をとった、半生の精神閲歴をつづった作品。まずドイツ留学時代を回顧し、自然科学の研究のかたわら、人生に疑問をもって、多くの哲学書をひもといたが、ついに1人の主(しゅう)にもあわなかったといい、最後に、もっとも大きい未来を有するのはやはり科学であろうと述べている。厳密な意味での告白ではないが、執筆当時の鴎外の世界観をよく示している作品として、注目を集めている。[磯貝英夫]
『『筑摩現代文学大系4 森鴎外集』(1976・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妄想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妄想の関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区河上肇キュビスムグリフィススバルエクソンモービル辛亥(しんがい)革命

他サービスで検索

「妄想」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.