Rakuten infoseek

辞書

【ひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


天皇および皇族配偶者令制では,天皇の妃については2人で,皇后次位にあって相当位は四品以上。皇族のなかから選ばれたが,臣下で妃になった者もいた。明治以降,皇族配偶女子をいい,殿下敬称が用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ【妃】
皇族の妻の称。「殿下」
律令制で、皇后の次に位する後宮女官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【妃】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]きさき きさい
天子や皇太子の妻。また、皇族の妻。「妃殿下王妃后妃皇妃正妃
[名のり]き・ひめ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひ【妃】
天皇のキサキの称。皇后に次ぐ地位を占めた。後宮職員令によれば,その定員は2名で,位階は四品以上とされており,内親王であることが必要条件であった。しかし,光明立后以後,皇后が必ずしも内親王でなくなったため,妃の資格についての原則も崩れ,嵯峨朝には多治比高子が妃となっている。10世紀ごろを最後として置かれなくなったが,14世紀ごろに再び例をみる。このほか皇太子のキサキをも妃と呼んだ。後宮【玉井 力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きさき【妃】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひ【妃】
天皇の後宮の一。皇后の次、夫人・嬪ひんの上に位する。内親王を原則とする。明治以後では皇族の配偶者をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


(りょう)制の後宮において夫人・嬪(ひん)の上位を占める身位。品位(ほんい)を有する内親王より選ばれ、定員2名。醍醐(だいご)天皇の妃為子(いし)内親王を最後として消滅した。また天皇の生母にして妃位にある者を皇太妃、祖母にして妃位にある者を太皇太妃と称したが、実例は文武(もんむ)天皇の生母阿閇(あべ)皇女(のち元明(げんめい)天皇)が皇太妃となった1例が知られるだけである。一面、妃は天皇以下皇太子・親王などの配偶をさす汎称(はんしょう)でもあったが、明治以後は皇太子以下親王・王の正配の公称となった。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ【妃】
〘名〙
① 天皇の妻。きさき。みめ。
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)七「妃(ヒ)(ら)と廊宇を巡歴して」
② 皇后の次位にある後宮。また、皇太妃・太皇太妃の称。〔令集解(718)〕
③ 現行では皇族の妻をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

妃の関連情報

他サービスで検索

「妃」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.