Rakuten infoseek

辞書

好・誼【よしみ】

精選版 日本国語大辞典

よし‐み【好・誼】
〘名〙
① 親しい交わり。また、それによる親しみや好意。
※書紀(720)雄略五年七月(図書寮本訓)「以て兄王(こきし)の好(ヨシミ)(別訓 よしひ)を脩むるなり」
② 人と人、事柄と事柄とのつながり。縁故。因縁。いわれ。
※平家(13C前)六「上野国に故帯刀先生義賢がよしみにて、田子の郡の兵共、皆したがひつきにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好・誼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

好・誼の関連情報

他サービスで検索

「好・誼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.