Rakuten infoseek

辞書

奴隷【どれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奴隷
どれい
slave
人格としての権利と自由をもたず,主人の支配下で強制・無償労働を行い,また商品として売買,譲渡の対象とされる「もの言う道具」としての人間のこと。奴隷は家事労働だけでなく,鉱山,工業,農業,商業の労働者としても使用され,女奴隷は売春宿の要員となり,古代権力者の閨房にもいた。奴隷の発生源としては,戦争などによる捕獲あるいは暴力によって連行されたり,そのほか犯罪,債務不履行の懲罰,両親,保護者,部族の首長による売却,奴隷の両親からの出生などがあげられる。古代オリエントや古代ギリシア・ローマ,および植民地時代の南北アメリカなどで典型的に現れた。中国や日本の古代の奴婢もこれにあたるが,ヨーロッパの奴隷と一部の点で性質を異にし,結婚は可能であり,ある程度の私有財産を持つことは許された。西アジア,イスラム社会においても,売買や戦役による捕虜などによって,一種の奴隷が存在したが,その取扱いは比較的穏やかで,しばしば解放 (アーザード āzād) がみられた。また結婚や若干の私有財産も認められた。中世の社会での農奴や地主制度下の小作人などは個人の権利と最小限の自己経営を保有する点で,奴隷とは区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ど‐れい【奴隷】
人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産として労働を強制され、また、売買・譲渡の対象ともされた人。古代ではギリシャ・ローマ、近代ではアメリカにみられた。
ある事に心を奪われ、他をかえりみない人。「恋の奴隷」「金銭の奴隷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬ‐れい【奴隷】
召使いの男。どれい。〈日葡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どれい【奴隷 slave】
所有の客体,〈物〉として扱われる人間で,社会的または法的にそのようなものとして正当化された身分の人間をいう。それは人間による人間の抑圧,したがってまた人間の隷属の最も粗野な形態であり,いっさいの差別の原型をなしている。なぜなら奴隷とは,人格を含めて身ぐるみ所有の対象,動産とされた人間であるからである。
【西洋古代】
 奴隷の人格否認が最も徹底したのは,奴隷制社会を生み出した古典古代においてであった。ギリシアのアテナイでは奴隷は〈生きた道具〉とされ,ローマでは〈話す道具〉とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どれい【奴隷】
人間としての権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。古代ギリシャ・ローマのもの、近代の北アメリカの黒人奴隷など。中国や日本古代の奴婢ぬひもその一種とされる。
下僕。しもべ。
あるものに心を奪われて自主性を失い、行動を束縛されている人。 「金銭の-となる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ど‐れい【奴隷】
〘名〙
① しもべ。下僕。奴僕。ぬれい。
※羅山先生文集(1662)二五「秀吉匹夫之奴隷」 〔晉書‐劉元海載記〕
② (slave の訳語) 人間として基本的な権利や自由が認められず、他人の支配の下に労働を強制され、また、売買、譲渡される人。古代ギリシア・ローマ、ペルシア、近代アメリカの例を典型とするが、日本上代の奴婢(ぬひ)もこれに近い。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一八「欧州一般に奴隷(ドレイ)を廃し」
③ 権利・自由などを制限され、他の者の支配を受けるもの。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「徳川氏は吾人をして外国の奴隷たらしむるものなり」
④ ある物事だけに心を奪われ、行動を支配されているもの。
※日本風俗備考(1833)一一「恰も私見の孥隷となりて役使せらると云ふべき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬ‐れい【奴隷】
〘名〙 (「ぬ」は「奴」の呉音) 召使いの男。下僕。しもべ。どれい。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一三「虎蔵・竹蔵といふ二人の奴隷(ヌレイ)有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奴隷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奴隷の関連情報

他サービスで検索

「奴隷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.