Rakuten infoseek

辞書

【オウナ】

デジタル大辞泉

おうな〔をうな〕【女】
《「おみな(女)」の音変化》おんな。特に、若い女性
「強からぬは―の歌なればなるべし」〈古今仮名序

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみな〔をみな〕【女】
女。女性。
「妻とすべき好き―を覓(もと)めて」〈霊異記・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんな〔をんな〕【女】
《「をみな」の音変化》

㋐人間の性別で、子を産む機能のあるほう。女性。女子。⇔
㋑人以外の動植物で雌性のもの。めす。「馬」
成熟した女性。子供を産むことができるまでに成長した女性。一人前の女性。
やさしいとか弱いとか、一般に1が備えていると考えられる性質をもっている人。「強いようでも、やっぱりだ」
女性としての名誉。容貌(ようぼう)や器量。女ぶり。「いい」「をあげる」
愛人。情婦。妾。「ができる」
女中。下女(げじょ)。「宿の
売春婦。商売女。
(接頭語的に名詞の上に付いて)一対のもののうち、小さいほうのもの、容易なほうのものなどを表す。「扇」「坂」
妻。女房。
「西の京にて―を持ちけり」〈仮・仁勢物語・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ〔ヂヨ〕【女】
[名]
おんな。女性。婦人。また、むすめ。
二十八宿の一。北方の第三宿。うるきぼし。女宿。今の水瓶(みずがめ)座中の西部をさす。
[接尾]女性の名や号に付けて用いる。「千代」「秋色(しゅうしき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ【女】[漢字項目]
[音]ジョ(ヂョ)(漢) ニョ(呉) ニョウ(慣) [訓]おんな め
学習漢字]1年
〈ジョ〉
おんな。「女医女王女子女性女流悪女才女侍女淑女男女老女
むすめ。「女婿皇女(おうじょ)皇女(こうじょ)次女息女養女
〈ニョ〉おんな。「女性(にょしょう)信女天女善男善女老若男女(ろうにゃくなんにょ)
〈ニョウ〉おんな。「女房
〈おんな〉「女手雪女
〈め〉「女神乙女(おとめ)
[名のり]こ・たか・よし
[難読]貴女(あなた)海女(あま)郎女(いらつめ)采女(うねめ)女将(おかみ)女郎花(おみなえし)女形(おやま)瞽女(ごぜ)女衒(ぜげん)手弱女(たおやめ)巫女(みこ)皇女(みこ)湯女(ゆな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ【女/如】[漢字項目]
〈女〉⇒じょ
〈如〉⇒じょ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょう【女】[漢字項目]
じょ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め【女/妻】
《「男(お)」に対する語》
女性。おんな。
「吾(あ)はもよ―にしあれば」〈・上・歌謡〉
配偶者、または愛人としての女性。妻。
「年頃あひ馴れたる―」〈伊勢・一六〉
(「雌」「牝」とも書く)他の語の上または下に付いて複合語をつくる。
㋐女性、または動植物のめすを表す。「―神」「―鹿」「―蕊(しべ)」「手弱(たおや)―」
㋑一対の物のうち、小さいほう、または女性的と思われるほうの物を表す。「―」「―瓦」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

1948年公開の日本映画。監督・脚本:木下恵介、撮影:楠田浩之。出演:水戸光子、小沢栄太郎ほか。第3回毎日映画コンクール監督賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんな【女】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうな【女】
〔「おみな(女)」の転〕
おんな。女性。特に、若い女性。 「絵にかける-を見て/古今 仮名序

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おな【女】
〔「おんな」の転〕
(自分の)娘、また妻。おなあ。 「『とと様、参りました』『-か、よう来た』/狂言記・料理聟」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみな【女】
おんな。女性。 「もののふの男-の花にほひ見に/万葉集 4317

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんな【女】
〔「をみな」の転〕
ヒトの性のうち、子供を生むための器官と生理をもつ方の性。女性。女子。 ⇔ おとこ 「 -物」 「 -湯」
優しさ・しとやかさ・弱さ・消極性など、一般に女性に備わると考えられている特質に着目した場合の、女性。 「 -一人で一家を支える」
成人した女性。成熟した女性。 「 -になる」 「 -を感じさせるしぐさ」
愛人。情婦。妾。 「夫に-ができていた」 「 -をこしらえる」
女性としての価値。また、器量のよしあし。 「 -をあげる」
売春婦。商売女。
下女。女中。
妻。女房。 「 -、言ひわけないかいやい/浄瑠璃・堀川波鼓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ【女】
[1] ( 名 )
むすめ。父親の名の下に付けて、その娘であることを表す。 「菅原孝標たかすえ-」 「俊成卿-」
二十八宿の一。北方の星宿。女宿。うるきぼし。
( 接尾 )
女性の名や号などに付ける。 「千代-」 「紫-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おな をな【女】
〘名〙 (「おんな(女)」の変化した語) 若い妻、娘などをさしていう。おなあ。おなご。
※大鏡(12C前)一「そこにおはするは、そのをりの女人(ヲナ)にやみてますらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おなあ をなあ【女】
〘名〙 =おな(女)
※雲形本狂言・貰聟(室町末‐近世初)「ヱイおなあ、ようこそおりあったな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみな をみな【女】
〘名〙 若い女。
※古事記(712)下・歌謡「呉床座(あぐらゐ)の 神の御手もち 弾(ひ)く琴に 舞する袁美那(ヲミナ) 常世(とこよ)にもがも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんな をんな【女】
〘名〙 (「をみな(女)」の変化した語) 人間のうち、男ではない方。本来卵子をつくる器官をそなえている方。
① 年齢に関係なく、女性。婦人。女子(じょし)。おなご。め。⇔おとこ
※竹取(9C末‐10C初)「この世の人は、男は女にあふ事をす。女は男にあふことをす」
② 特に、精神的にも肉体的にも、一人前となった女性。やさしい、しとやか、繊細など、女性の特質とされる意味を含んで使われる場合もある。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)玉鬘「年ごろも人知れず尋ね侍りつれば、え聞き出ででなむ女になるまで過ぎにけるを」
③ 夫に対する配偶者。妻。女房。
※虎明本狂言・石神(室町末‐近世初)「おんなのかけでいままで某は、らくらくとすぎて御ざるに、あれがいずはそれがしは何共なるまひ」
④ 情婦。愛人。妾。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「其の通だ。情婦(ヲンナ)が有るのが奈何(どう)したと」
下女。女中。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「給事の婢(ヲンナ)が不慣れなので」
⑥ 遊女。女郎。淫売婦。売春婦。
※洒落本・船頭深話(1802)一「女郎の事を女女といふが此連中の通り句也」
⑦ 女性の容貌、器量。→女を上(あ)げる
※人情本・花暦封じ文(1866頃)三「然様(さう)して女(ヲンナ)も大層美(い)いさうですから」
⑧ 雌性のもの。「女馬」
⑨ 対になったもののうち、小さい、なだらか、などの性質をそなえた方。「女坂」「女山」
[語誌](1)古代では男女の呼称を、大小を表わすオとヲでいうオキナ━オミナ、ヲグナ━ヲミナと、若返る意の動詞ヲツを構成要素とするヲトコ━ヲトメがあって、前者は年長・年少の男女を意味し、後者は結婚適齢期の男女を意味した。ところが「古事記」では同じ女性をヲトメともヲミナとも呼んでおり、「万葉‐四三一七」では「秋野には今こそ行かめもののふの乎等古(ヲトコ)乎美奈(ヲミナ)の花にほひ見に」とヲトコとヲミナが対になっているから、年少の女性の意と適齢期の女性の意が混同されて、ヲトコ━ヲミナという対が生じたらしい。そしてヲトコが男性一般をいうようになったのに伴ってヲミナも平安時代にヲンナと変化し、女性一般を指すようになった。→おみなおうなおとめおとこ
(2)→「おなご(女子)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんな‐をんな‥【女】
〘形シク〙 いかにも女らしい。おみなし。⇔男し
※源氏(1001‐14頃)帚木「なよびかに女しと見れば、余り情けにひきこめられて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ ヂョ【女】
[1] 〘名〙 おんな。婦人。また、女郎。
幸若・夜討曾我(室町末‐近世初)「二人のちょはいろをみて、御盃の長持は、おさかなの所望かや。ざしきに女のありながらいざやうたひて参らせむ」
※寄想春史(1879‐80)〈織田純一郎訳〉初「花を売る女(ヂョ)は街隅に(ほうとん)す」 〔易経‐繋辞上〕
[2] 二十八宿の北方第三宿。水瓶座に属する四星から成る。女宿。うるきぼし。〔易林本節用集(1597)〕 〔礼記‐月令〕
[3] 〘接尾〙 女性の名前や号などに添える語。「千代女」「秋色女」など。
※幸若・築島(室町末‐近世初)「名月女と名付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女の関連情報

他サービスで検索

「女」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.