Rakuten infoseek

辞書

女郎花【オミナエシ】

デジタル大辞泉

おみなえし〔をみなへし〕【女花】
オミナエシ科の多年草。日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル。葉は羽状に裂けていて、対生する。夏の終わりから秋に、黄色の小花を多数傘状につける。秋の七草の一。漢方で根を敗醤(はいしょう)といい、利尿剤とする。おみなめし。 秋》「ひょろひょろと猶露けしや―/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は縦糸が青、横糸、裏は青。または、表は黄、裏は萌葱(もえぎ)。7、8月ごろに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみなめし〔をみなめし〕【女花】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみなめし【女郎花】[謡曲]
謡曲。四番目物旅僧山城の男山のに来かかると、小野頼風夫婦のが現れ、邪淫の悪鬼に責められていることを語る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おみなえし【女郎花】
オミナエシ科の多年草。山野に自生。高さ約1メートル。葉は対生し、羽状に全裂。夏から秋にかけて茎頂に、黄色の小さな花が傘状に群がり咲く。漢方で乾燥した根を利尿・解毒薬とする。秋の七草の一。オミナメシ。 [季] 秋。
かさねの色目の名。表はたて糸が青、よこ糸が黄で、裏は青または萌黄。秋に用いる。
枕詞
オミナエシの花が咲く意から、地名「佐紀」にかかる。 -佐紀沢に生ふる花かつみ/万葉集 675

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみなめし【女郎花】
オミナエシの別名。 [季] 秋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみなめし【女郎花】
能の一。四番目物。旅の僧が女郎花を折り取ろうとするのを小野頼風よりかぜの霊が現れて止め、男塚・女塚のいわれを説く。その夜、再び頼風夫婦の霊が現れ恋の妄執を語る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

女郎花 (オミナエシ・オミナシ;オミナベシ;オミナメシ;ジョロウバナ)
学名:Patrinia scabiosaefolia
植物。オミナエシ科多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女郎花 (ジョロウバナ)
植物。モクセイ科のつる性常録低木,園芸植物,薬用植物。マツリカの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おみな‐えし をみなへし【女郎花】
〘名〙 (「おみなべし」とも)
① オミナエシ科の多年草。各地の日当たりのよい山野に生える。秋の七草の一つ。茎は直立して高さ〇・六~一メートルくらいになる。葉は対生し、長さ六~一二センチメートルの長楕円形で羽状に分裂する。夏から秋にかけて、枝の先端部に黄色の小さな花が多数、密に集まって咲く。根を煎(せん)じたものは吐血、鼻血などに薬効があるという。漢名は黄花龍芽で、敗醤はオトコエシの漢名。おみなし。おみなめし。ちめぐさ。あわばな。《季・秋》
※万葉(8C後)一七・三九四三「秋の田の穂向き見がてりわが背子がふさ手折(たを)りける乎美奈敝之(ヲミナヘシ)かも」
② 襲(かさね)の色目の名。表が黄、または、経(たていと)が青で緯(よこいと)が黄、裏は青。秋に着用する。おみなえしいろ。
※源氏(1001‐14頃)東屋「紫苑(しをん)色の花やかなるにをみなへしの織物と見ゆる重なりて」
③ 女性のたとえ。歌に詠まれることが多い。
※古今(905‐914)秋上・二二六「名にめでて折れる許(ばかり)ぞをみなへし我落ちにきと人に語るな〈遍昭〉」
因歌枕(11C中)「をみなへし、女にたとへてよむべし」
(あわ)、または粟餠をいう女房詞。
※俳諧・宗因千句(1673)上「あだ名のみ種々にいはれの野べの 萩のもちなしをみなへしなら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おみなめし をみなめし【女郎花】
[1] 〘名〙
① 植物「おみなえし(女郎花)」の異名。《・秋》
謡曲・芭蕉(1470頃)「古寺の、庭の浅茅生、女郎花(をみなめし)刈萱、面影移らふ、露の間に」
② 粟(あわ)、または、粟めしの女性語。近世を通して上流家庭で用いた。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 謡曲。四番目物。各流。作者未詳。古名「頼風」。石清水八幡のふもとの男塚女塚に葬られている小野頼風と妻の霊が、邪淫の悪鬼に責められていることを語る。
[補注]中世の「をみなべし」の変化形。室町頃から多用された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょろう‐か ヂョラウクヮ【女郎花】
〘名〙
① 植物「おみなえし(女郎花)」の異名。《季・秋》
※車屋本謡曲・姨捨(1430頃)「盛ふけたる女郎花の」
② 植物「もくれん(木蓮)」の異名。〔薬品手引草(1778)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女郎花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女郎花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.