Rakuten infoseek

辞書

女池菜(めいけな)

デジタル大辞泉プラス

女池菜(めいけな)
新潟県で生産される葉物野菜花茎食用にする。明治期から栽培されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

女池菜[葉茎菜類]
めいけな
北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
新潟市で生産されている。明治時代、女池出身の新田長人が新潟市にある流作場地区から種子を持参し、隣人たちに伝えたのが栽培の始まりという。冬菜とも呼ばれる小松菜の一種。冬季のビタミン源としても重宝されている。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女池菜(めいけな)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女池菜(めいけな)の関連情報

他サービスで検索

「女池菜(めいけな)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.