Rakuten infoseek

辞書

女殺油地獄【おんなころしあぶらのじごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

女殺油地獄
おんなころしあぶらのじごく
浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。享保6 (1721) 年大坂竹本座初演。大坂河内屋の放蕩息子与兵衛が,両親の愁嘆を立聞きして改心するが,借金返済のため豊島屋七左衛門の妻お吉に無心をし,断られて彼女を惨殺する。その悲惨な内容から,江戸時代には再演改作が行われなかったが,与兵衛の近代的な不良性が関心をひいて坪内逍遙の近松研究会に評価され,明治末期以降しばしば復活上演されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おんなころしあぶらのじごく〔をんなころしあぶらのヂゴク〕【女殺油地獄】
浄瑠璃世話物。三段。近松門左衛門作。享保6年(1721)大坂竹本座初演。大坂天満の油屋河内屋の次男与兵衛が放蕩(ほうとう)のあげく、同業の豊島屋の女房お吉を殺して金を奪い、捕らえられる。油地獄
を原作とする、野村芳亭監督による映画の題名。大正13年(1924)公開。出演、諸口十九、柳咲子、川田芳子ほか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

女殺油地獄
1992年公開の日本映画。監督:五社英雄、脚本:井手雅人、撮影:森田富士郎、美術:西岡善信、音楽:佐藤勝。出演:樋口可南子、藤谷美和子、堤真一、長門裕之石橋蓮司、辰巳琢郎、佐々木すみ江ほか。第16回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(藤谷美和子)ほか受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんなころしあぶらのじごく【女殺油地獄】
人形浄瑠璃。世話物3巻。近松門左衛門作。1721年(享保6)竹本座初演。この殺人事件はすぐに歌舞伎に仕組まれて上演されているが,本作への影響関係は不明。河内屋与兵衛は小心もののくせにわがままな蕩児であるが,番頭上りの継父徳兵衛にとっては主筋にあたるので足蹴にされても折檻もできないし,実母はその徳兵衛への義理と息子への愛情にはさまれて苦しむ。勘当された与兵衛は新銀二百匁の返済に窮して隣家の油屋豊島屋(てしまや)の女房お吉に頼みこむが,ことわられてお吉を殺す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんなころしあぶらのじごく【女殺油地獄】
人形浄瑠璃、世話物の一。近松門左衛門作。1721年初演。大坂天満町の油商河内屋与兵衛が、放蕩ほうとうして借金に責められ、豊島屋てしまや七左衛門の妻お吉に無心を言いかけたが、断られたので惨殺した事件を脚色したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

女殺油地獄
おんなころしあぶらのじごく
浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。3段。近松門左衛門作。1721年(享保6)7月大坂・竹本座初演。同年5月に起こった事件を脚色。大坂・天満(てんま)の油商河内屋(かわちや)の次男与兵衛は、番頭上がりの継父徳兵衛の寛容に乗じて放蕩(ほうとう)を尽くし、野崎詣(まい)りの徳庵(とくあん)堤で女をめぐって大げんかをしたすえ、徳兵衛に金と家督を強要して暴力を振るう。思い余った徳兵衛夫婦は与兵衛を勘当するが、それでも息子かわいさ、町内の同業豊島屋(てしまや)の女房お吉(きち)に小遣いを託す。与兵衛は親の慈悲に感動したものの、彼は父の偽判(にせはん)で大金を借り返済を迫られていたので、お吉に融通を頼むが、断られるとふたたび分別を失い、お吉を殺して金を奪い、その三十五日の逮夜(たいや)に召し捕られる。江戸時代には上演が絶えていたが、明治になると主人公の近代的な性格描写や、これをめぐる継父、実母、お吉らの義理と人情の機微、また油に滑るお吉殺しの凄惨(せいさん)な迫力などが高く評価され、明治末年に2世実川延若(じつかわえんじゃく)が復活上演。以来、しばしば演じられるようになり、第二次世界大戦後は文楽人形浄瑠璃でも新しい節付けによって復活上演されている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女殺油地獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女殺油地獄の関連情報

他サービスで検索

「女殺油地獄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.