Rakuten infoseek

辞書

女木島【めぎじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

女木島
めぎじま
別称鬼ヶ島香川県北部,高松市に属する備讃諸島の1つ。花崗岩類上に凝灰岩,集塊岩をはさみ,讃岐岩質玄武岩が重なる。最高点は 216m。「岩屋」と呼ばれる洞窟があり,のないコオロギモドキなど珍しい生物がいる。東浦海水浴場,キャンプ場がある。南海岸にはオーテという高い石垣,物を頭上にのせて運搬する風習などがある。産業は農業と養殖漁業。東浦から男木港,高松港に船の便がある。面積 2.66km2人口 244 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めぎ‐しま【女木島】
香川県高松市の北方、備讃(びさん)諸島東部にある島。面積2.7平方キロメートル、周囲8.9キロメートル、最高点は216メートル。平地は少なく、・野菜などの畑作沿岸漁業が行われている。かつて海産物などを頭上にのせて運ぶ習慣があった。島北方に桃太郎伝説で鬼が住んでいたとされる女木島大洞窟(通称、鬼ヶ島洞窟)がある。北に男木(おぎ)島が位置する。瀬戸内海国立公園に含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めぎしま【女木島】
香川県高松市の北方3kmにある島。別名鬼ヶ島。面積2.63km2,人口277(1995)。南北に細長い島で,最高点は216m。基盤の花コウ岩の上に凝灰質集塊岩層,さらにその上に柱状節理の発達する讃岐岩質玄武岩層がのる。この凝灰質集塊岩の採掘跡の洞窟4000m2が〈鬼のすみか〉であったといわれ,観光客が多い。海水浴場として知られる東浦は,冬の季節風を防ぐためのオーテと呼ぶ高い石垣が築かれて独特の風景を呈する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めぎじま【女木島】
香川県高松市北方の島。桃太郎伝説があり、鬼ヶ島ともいわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

女木島
めぎじま
香川県高松市の北方、備讃(びさん)瀬戸にある島。桃太郎伝説のある島で「鬼ヶ島」ともよばれる。男木(おぎ)島とともに雌雄島村(しゆうじまむら)を構成したが、1956年(昭和31)高松市に編入。面積2.67平方キロメートル。海岸線の長さは8.9キロメートル、最高点は216メートルで、平地は少ない。基盤の花崗(かこう)岩は約150メートルの高さまであり、その上に火山活動による凝灰岩、集塊岩と讃岐(さぬき)岩質の溶岩がのる台地状の島で、屋島(やしま)、五色(ごしき)台と同じく頂上に平坦(へいたん)面を残すメサである。北部の188メートルの山頂近くには凝灰岩を採掘した洞窟(どうくつ)があり、鬼のすみかとよばれる。このほか柱状節理、海食洞など興味ある地質、地形がみられる。浜に近い民家は、強い潮風を防ぐためオーテとよぶ高い石垣を巡らしている。高松港からフェリーが通じる。人口200(2009)。[新見 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女木島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女木島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.