Rakuten infoseek

辞書

女手【おんなで】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

女手
おんなで
女の使う文字の意味で,特にひらがなをさす。「女文字」ともいう。ただし,女性はひらがなを用いたが,ひらがなが女性の専有物とはかぎらなかった。元来,女手は,漢字 (真名〈まな〉) を男手 (おとこで) といったのに対してかな一般をさしていう言葉であったが,のち万葉がなの楷・行 (書) 体に対して,その (書) 体 (→草仮名〈そうがな〉) をさし,やがてひらがなに限定されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おんな‐で〔をんな‐〕【女手】
女の労力。また、女の働き手。「女手一つで育てた息子」「女手が足りない」⇔男手
女の書いた文字。女性の筆跡。女文字。「女手の手紙」⇔男手
《主として女が用いたところから》平仮名。⇔男手
「―を心に入れて習ひしさかりに」〈梅枝
[補説]1は、「女手一人で」とするのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんなで【女手】
仮名の書体の一種。女性の用いる書体の意。男手に対するもので,《宇津保物語》に見える。平安時代に漢字の草書体の簡略化が進み,草(そう)の仮名が生まれる。女手はこれからさらに略体化した書体で,漢字の草書体から全く離れた流麗な線で書かれた仮名をいい,現今通行の平仮名および変体仮名と呼ぶ書体に当たる。当初女性の実用文字として用いられた。【財津 永次】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんなで【女手】
女の手。非力や、か弱さを表す語。 夫を失い-一つで子供を育てる
女の働き手。 -が足りない
操り人形の手の一。白色で柔らかく曲がり、優美に指をそらすことができる。
女の筆跡。 -の手紙
女文字おんなもじに同じ。 ただのも-もいみじう書きつくし給ふ/源氏 梅枝
▽⇔ 男手

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょしゅ【女手】
女の手・腕。また、おんなで。 摻々さんさんたる-、以て裳しょうを縫う可し/麒麟 潤一郎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おんな‐で をんな‥【女手】
〘名〙
① 女の筆跡。女の書いた文字。⇔男手
② (女が多く使ったところから) ひらがな。女文字。⇔男手
蜻蛉(974頃)上「女でに書きへり。男の手にてこそくるしけれ」
③ 女のはたらき。女の労力。⇔男手
※新世帯(1908)〈徳田秋声〉二五「(うち)だって、全然(まるきり)女手がなくちゃ遣切れやしない」
④ 操り浄瑠璃人形の手の一つ。もみじ手ともいい、女の人形は老け役も娘役もすべてこの手を使う。全体にすらりと作られていて、柔らかく曲がり、優美に指をそらすことができる。塗りは白色

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.