Rakuten infoseek

辞書

女御【にょうご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

女御
にょうご
「にょご」ともいう。天皇の寝所にはべる婦人の称。中宮の次に位した。初見は『日本書紀』の雄略天皇の条にあるが,桓武天皇のとき,紀乙魚 (きのおとな) ,百済教法 (くだらのきょうほう) を女御としたのが最初とされる。平安時代初期,女御所生の皇子が皇位につくと,皇太夫人となり,のちには皇太后と尊称され皇后に代る地位となり,家司,職員なども付置されるようになった。醍醐天皇の女御藤原穏子が皇后位についてから,以後皇后は女御から進むのが慣例となった。 (→更衣 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にょう‐ご【女御】
後宮(こうきゅう)に入り天皇の寝所に侍した高位の女官。皇后中宮に次ぎ、更衣の上に位した。主に摂関の娘がなり、平安中期以後は皇后に立てられる者も出た。にょご。
「いづれの御時にか、―、更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに」〈・桐壺〉
上皇皇太子の妃。
「三条の院の東宮にておはしましし折の―にて」〈大鏡・師尹〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐ご【女御】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にょうご【女御】
天皇のキサキの称。いわゆる令外のキサキである。初見は《日本書紀》の雄略紀であるが,事実ではない。その名称は《周礼》の〈八十一女御〉に倣ったものであろう。桓武朝における紀乙魚,百済王教法の例を確実な初見とするが,実質的には光仁朝においてすでに存在した。令制の(ひ),夫人(ぶにん),(ひん)の下位に位置づけられたが,その子は必ず親王とされ,嵯峨朝以降の源氏賜姓からも除外された。女御には位階や定員についての規定もなく,比較的自由な任命が可能であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にょうご【女御】
〔「にょご」とも〕
天皇の寝所に侍した女性で、皇后・中宮の下、更衣の上の格。多くは摂関など名家の子女から選ばれ、人数は不定。平安中期以降、女御から皇后を立てるのが例となった。
上皇・皇太子の妃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょご【女御】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

女御
にょうご
天皇の侍妾(じしょう)の一つ。中国では『周礼(しゅらい)』にその称がみえる。令(りょう)制になく、『続(しょく)日本後紀』に桓武(かんむ)朝の例を伝えるが、確実な成立は嵯峨(さが)~仁明(にんみょう)朝と思われ、やがて令制の夫人(ぶにん)・嬪(ひん)にかわり女御・更衣が定着した。文徳(もんとく)~宇多(うだ)朝では皇后の冊立(さくりつ)がなく、この時期に女御の地位は高まり、藤原氏や皇親が大部分を占める。醍醐(だいご)朝以後、皇后は多くは女御よりたち、ことに摂関家の女(むすめ)が女御として入内(じゅだい)する「女御入内の儀」は、道長(みちなが)の女彰子(しょうし)の例にみるように盛大なものであった。この儀は南北朝ころに廃絶し、のち豊臣(とよとみ)秀吉が近衛前久(このえさきひさ)女を養女として後陽成(ごようぜい)天皇に入内させて復活、また近世では将軍秀忠(ひでただ)女の女御入内が盛大に行われた。なお東宮女御の称もみられる。[黒板伸夫]
『『古事類苑 帝王部(女御の条)』 ▽角田文衛著『日本の後宮』(1973・学燈社) ▽須田春子著『平安時代後宮及び女司の研究』(1982・千代田書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にょう‐ご【女御】
〘名〙
① 天皇の寝所に侍する女性の地位の一つ。皇后・中宮の下で更衣の上。おおむね内親王・女王および親王・摂関・大臣の子女で、平安中期以後は、次いで皇后に立てられるものも出た。桓武天皇の女御紀乙魚が初見。にょご。
※日本後紀‐弘仁六年(815)一〇月壬戌「勅。親王内親王女御及三位已上嫡妻子。並聴蘇芳色象牙刀子
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いづれの御時にか女御更衣あまたさぶらひ給けるなかに」
② 上皇、あるいは皇太子の妃の称。
※大和(947‐957頃)一六一「さて、きさいの宮、春宮女御ときこえて大原野にまうでたまひけり」
[補注]本来の発音はニョゴ。ニョウゴは古くからの読みくせなので、読みの明らかでない例は本項にまとめた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にょ‐ご【女御】
〘名〙 =にょうご(女御)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女御」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女御の関連情報

他サービスで検索

「女御」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.