Rakuten infoseek

辞書

女工【ジョコウ】

デジタル大辞泉

じょ‐こう〔ヂヨ‐〕【女工】
明治以降第二次大戦まで工場で働く女性の労働者をいった語。女子工員。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょこう【女工】
第二次大戦前、雇われて作業場や工場で働いた女性に対する呼称。女子工員。 ⇔ 男工
古代、官司に属して染織や裁縫に従事した女性。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょ‐こう ヂョ‥【女工】
〘名〙
① 縫殿寮(ぬいどののつかさ)所属の女性職員。染織、裁縫を仕事とする女子の細工人。
政事要略(1002頃)六七「女工今説、染黒半臂紫蘇芳者、赤入黒」
※光悦本謡曲・呉服(1556頃)「みは唐の名にしおふ女工の昔を思ひ出る」
② 工場で働く女子の労働者。女性の職工。女子工員。〔広益熟字典(1874)〕
※初すがた(1900)〈小杉天外〉五「然(さ)う、工場へ行ったんだって? ぢゃ女工(ヂョコウ)なのねえ」
※柳橋新誌(1874)〈成島柳北〉初「大抵妓皆驕恣懶惰(〈注〉わかままなまけ)、断じて女工(〈注〉シゴト)を為さず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女工」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女工の関連情報

他サービスで検索

「女工」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.