Rakuten infoseek

辞書

女中【ジョチュウ】

デジタル大辞泉

じょ‐ちゅう〔ヂヨ‐〕【女中】
よその家に雇われて家事の手伝いなどをする女性。現在は「お手伝いさん」という。
旅館・料理屋で、客への給仕や雑用に当たる女性。
婦人を敬っていう語。御婦人。
近世宮仕えをしている女性。または、武家殿中に奉公している女性。御殿女中奥女中

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょちゅう【女中】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょちゅう【女中】
家庭や旅館・料理屋などに雇われて、炊事・掃除その他の用をする女性を言った語。お手伝いさん。
宮中や将軍家・大名家などに仕えている女性。 「御殿-」
女性に対する敬称。 「これ備前岡山の-さま/浮世草子・織留 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

女中
じょちゅう
家事手伝いの雇い女。本来は座敷方(上(かみ)女中)と台所方(下(しも)女中)の区別があり、女中の呼び名はおもに近世武家の「大奥女中」の伝統を受け継ぐ座敷方の接客応対にあたる雇い女に即して用いられた。台所方の炊事・清掃を勤める下女・水仕女(みずしめ)とはいちおう区別されていた。江戸城はじめ諸大名の「大奥」制度では、女中は上級の女子奉公人に限られていたことはいうまでもない。明治以後は一般上流家庭や料亭の使用人が主となったが、なおそこでも上女中、下女の区別は久しく残った。とくに関西方面には上流家庭での「上女中」奉公が家事見習いの修業課程として、久しくその伝統をとどめてもきた。しかししだいに、一般家庭や料亭の使用人が主体となるに及んで、女中も下女も区別がなくなり、むしろ貧農子女の最大の出稼ぎ場と化していくが、そこにもなおかなり、結婚準備の「行儀見習い」という古い意識をとどめた女中奉公がみられた。1930年(昭和5)の国勢調査では一般家庭約70万人、旅館・料亭約25万人の女中奉公人が数えられ、製糸紡績の女工数をはるかにしのいでいた。ほとんどが未婚子女の住み込み奉公で、給金よりむしろ衣食の給与が主であり、もちろん労働条件は劣悪であったが、反面、家族的恩情のまま結婚その他の世話で、主家との交渉を久しく生ずることも多かった。ともかく下層庶民子女の「食扶持(くいぶち)稼ぎ」と「家事見習い」の方途として、明治以後女中奉公の果たした役割は大きいものがあった。だが、子女の職業的自立の方途としては別段役だたぬまま、近年の家族情況の急変でいわゆる家事手伝い奉公人はほとんどなくなり、新しく家政婦やホームヘルパーの類が別の場面に登場してくる。そして、料亭・旅館などに女中稼ぎの名残(なごり)が若干みられるだけである。[竹内利美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょ‐ちゅう ヂョ‥【女中】
〘名〙
① 宮中、将軍家、また公家、大名家などに仕官・奉公している女性。御殿女中。腰元。
※園太暦‐文和四年(1355)二月一一日「吉田神主兼豊、進状於女中
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)二「まだ三歳の徳寿丸、乳母が膝にいたいけ盛、お傍の女中立かはり、〈略〉昆布、銚子取々持運ぶ」
② 女性を敬っていう語。
※清原宣賢式目抄(1534)端書「多分は女は不正にして、偏頗あり、乱政これより起る物也。是に依て代々御成敗、女中の公事御停止、尤も神妙の義也」
※虎寛本狂言・鈍太郎(室町末‐近世初)「身共は其方の様なうつくしい女中に、近付はおりない」
③ 料理屋、旅館、また、一般の家に雇われて台所仕事などの下ばたらきをする女性。下女。はしため。現代では、接客係またはお手伝いさんという。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「四五年も長年するゆゑ、女中がた一同に心やすく」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一四「五六人の女婢(ヂョチウ)手を束(つか)ねて、ぼんやり客俟(まち)の誰彼時(たそがれどき)
④ 特に娼妓をさしていう語。
※洒落本・風流裸人形(1779か)上「『あんまり外の女中よんでおくれなへ』『ほかの女郎たれをよんだぞいの』」
[語誌](1)本来は女性を敬う言葉で①②の意であったが、後に「俗に凡て女を女中と云」〔俚言集覧〕のようにその敬意は失われ、「女性」と同義に使用された。
(2)江戸後期には③のように下女をいうようになる。ただし当初は、敬称の名ごりとして「はした 今に女中のかろき役をはした女といふ。食事を調理する女をくりやめといふべき歟」〔俚言集覧〕などの記述があり、「はした・はしたもの」などよりも上の召し使いであったこと、もともとは台所まわりの下女(くりやめ・みずしめ)などを含めなかったことが考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

女中の関連情報

他サービスで検索

「女中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.