Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

奥羽山脈【おううさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥羽山脈
おううさんみゃく
東北地方の太平洋斜面と日本海斜面とを分かつ脊梁山脈。北は青森県下北半島北端の大間崎より,秋田県,岩手県,宮城県,山形県の県境を経て,南は関東地方北部で帝釈山地に達する全長約 500kmに及ぶ褶曲山脈。おもに古第三紀新第三紀層の砂岩凝灰岩などからなる。山脈の西側は出羽山地,東側は北上高地阿武隈高地である。ほとんど那須火山帯と重複しており,八甲田山八幡平岩手山駒ヶ岳栗駒山蔵王山吾妻山安達太良山磐梯山那須岳など 2000m内外の火山を含む。十和田八幡平国立公園磐梯朝日国立公園日光国立公園などの国立公園や,下北半島国定公園栗駒国定公園蔵王国定公園などの国定公園および数多くの温泉地,観光資源が山脈中の各地に散在する。山脈を横断する交通路が発達するまで,長年にわたり,自然的・人文的に東北地方を東西に二分した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうう‐さんみゃく〔アウウ‐〕【奥羽山脈】
東北地方の中央部を南北に走る山脈。青森県の陸奥(むつ)湾に突出する夏泊(なつどまり)半島から福島県に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おううさんみゃく【奥羽山脈】
東北地方を太平洋側斜面と日本海側斜面に大きく二分する脊梁山脈。北は青森県夏泊(なつどまり)半島から南は福島・栃木県境の帝釈(たいしやく)山地に合するまで,岩手・秋田・宮城・山形の各県境をつくりながら延々500kmにわたってのび,長さでは日本一の山脈である。標高はほぼ1000m程度のところが多いが,第四紀の火山が重なるところは2000mをこえ,東日本島弧に沿う火山帯(東日本火山帯)の一部にあたる。 奥羽山脈の構造発達史を概観すれば,第三紀中新世における広範な海進に伴う地向斜の成長と地下深所での火成岩形成などの活動,鮮新世以降の褶曲運動と,それに続く大規模な隆起運動などを経て現在の山脈の骨組みができ上がったと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥羽山脈
おううさんみゃく

東北地方の中央部を南北に走る山脈。北は青森県陸奥(むつ)湾南部の夏泊半島(なつどまりはんとう)から岩手、秋田、宮城、山形の県境を走り、福島、栃木県で帝釈山脈(たいしゃくさんみゃく)に合するまで約500キロメートルに及ぶ。第三紀層の褶曲(しゅうきょく)隆起帯上に那須火山帯(なすかざんたい)が重複し、新期の火山噴出物がのって2000メートル内外の高度に達する山が多い。八甲田山(はっこうださん)、八幡平(はちまんたい)、岩手山、栗駒山(くりこまやま)、駒ヶ岳、吾妻山(あづまやま)、蔵王山(ざおうさん)、安達太良山(あだたらさん)、那須岳などの火山がみられる。山脈は中新世以降の造山運動によって生じた山地で、数多くの金属鉱床をもち、さまざまな火山地形と同時に温泉群を有する。十和田八幡平国立公園、栗駒国定公園、蔵王国定公園、磐梯(ばんだい)朝日国立公園、さらに日光国立公園の一部をも含むわが国有数の山岳自然公園を誇っている。

 南北に長い奥羽山脈は、古くから東西地域の連絡に障害となり、険しい峠の交通によって結ばれてきた。現在ではJR花輪線、北上線、田沢湖線、陸羽東線、仙山線、奥羽本線、磐越(ばんえつ)西線が山脈を横断、国道も46~49号、107号などが通ずる。国道46号は、仙岩トンネル開通(1966)以前は、積雪によって国見峠が冬季不通となっていたが、いまでは年間を通して東西交通が自由となっている。また、岩手県北部の花輪線沿いに山脈を横断し、秋田県鹿角(かづの)市から青森県に通じる東北自動車道も開通した。

[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おうう‐さんみゃく アウウ‥【奥羽山脈】
東北地方の中央を南北に走る日本最長の山脈。長さ約五〇〇キロメートル。那須火山帯と重複し、火山が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥羽山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥羽山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.