Rakuten infoseek

辞書

奥書【おくがき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奥書
おくがき
巻物や書物の最終行の次に書かれた記事。古来,用紙の右端を端 (はし) ,左端を奥 (おく) と呼んだことから生れた呼称。これに対し,書出しの部分を端作り,右端の余白に書かれた記事を,端書などと呼ぶ。書物などの奥書は,その伝来や書写の由来,年月などを記すのを例とした。書物の史料的価値を定めるのに役立つ。また師匠が,弟子の技量の優秀なことを証明する証文をいう。これは,ある書物の正しい読み方を修得してそれを書きつけた弟子が,その書物の奥に師匠の証明を書き添えてもらったことから,奥儀を体得した旨の免許状や伝授状なども,奥書というようになったもの。また美術用語として,書画,著作物などの筆者,制作の年月日,場所,由緒,内容などを巻物,冊子 (さっし) ,写本の最末尾に記した文章のことをいい,現今では,官公署文書の内容が真正であることを証明するため,末尾に書く文をもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おく‐がき【奥書】
著作や写本などの巻末の、著者名・書写年月日・来歴などについての書き入れ。識語(しきご)。
官公署で、書類に記載された事項が真正であることを証明するために末尾に書く文。
芸能で、奥義伝授のときに門弟に授ける証文。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おくがき【奥書】
書誌学上の用語。典籍のうち写本の巻末に書かれた記載で,主として書写・校合・伝授などについて記す。また修補に関して書かれたものも奥書としてよい。何度か転写された場合には,そのたびごとに書写に関する奥書が加えられる(これを本奥書(ほんおくがき)という)。これによってその典籍の著者をはじめ,伝来の経路,性格を知ることができ,重要な記載である。版本の場合,巻末に出版の年月日,場所,出版者名などが簡単に記されているが,これを刊記(かんき)といい奥書と区別するのが普通である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おくがき【奥書】
記録・著述などの巻末左末尾に記してある筆写の年月日、書物の由来など。識語。
文書の末尾に記された記事。原則として本文とは異筆。文書の保証・承認の意味をもつ。
奥義の伝授証書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥書
おくがき
書籍の末尾、文書の左端を奥とよび、そこに書かれた文をいう。巻子(かんす)、冊子(さっす)を問わず、書物の著作、書写のとき、あるいは宗教人が聖教(しょうぎょう)を弟子に授けて授法した際、年月日、その趣旨、由来、執筆者名などを書籍の末尾に記したが、これらを奥書とよんでいる。また琵琶(びわ)の伝授状は、曲譜とは別の単独のものでも奥書とよばれている。古文書の場合には、文書の奥に、本文に対する返事や指令、追て書、証判などを書くことがあるが、これを奥書という。[百瀬今朝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく‐がき【奥書】
〘名〙
① 文書など書きものの用紙の左末尾を奥とよび、ここに書かれた記事をいう。とくに書写本などの末尾の、年月、筆者名、由来などについての書入れをいう。識語(しきご)。おくしょ。
※古事談(1212‐15頃)六「博雅三位笋譜奥書云」
② 諸種の芸能の奥義を伝授する時に、師匠が門弟に授ける証文。
※教言卿記‐応永一五年(1408)三月九日「新御所〈若公、十五才〉、蘇合御伝授。珍重。御奥書は隠岐守定秋進上之
③ 書類に記載された事実が正しいことを証明するために、その末尾に書き入れられた記事(原則として異筆)。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「女房に起請をかかせ、其奥書(ヲクガキ)に、右の通内儀其方を思はれ候所実正明白也と、家主を始、借屋中連判して渡せば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥書の関連情報

他サービスで検索

「奥書」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.