Rakuten infoseek

辞書

奥方【オクガタ】

デジタル大辞泉

おく‐がた【奥方】

貴人の妻の敬称。他人の妻を敬っていうのにも用いられる。夫人。
《「おくかた」とも》奥の間(ま)のほう。
「今日は―へ召され、姫君様よりお料理を下さるると承る」〈浄・反魂香
奥州方面。
「―に知召(しろしめ)したる人や御入り候」〈義経記・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おくがた【奥方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おくがた【奥方】
身分のある人の妻の敬称。 -様のお出ましだ
家の奥のほう。その家の主婦・子女などの生活する所。おくかた。 今日は-へ召され/浄瑠璃・反魂香
奥州おうしゆう方面。 毎年奥州へ下る者にて候ふが、-にしろしめしたる人や御入り候ふ/義経記 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奥方
おくがた
武家屋敷で、2000~3000石以上の場合は、表向きは男だけで、女性は奥向きで暮らした。この屋敷の構造から、奥向きの主宰者である妻の名を直接ささず、尊敬していったことばで、貴人の妻、夫人の味になった。将軍の妻の呼称は御台所(みだいどころ)であるが、代替りになっても将軍宣下のないうちは御廉中(ごれんじゅう)と称され、これはまた三家三卿(きょう)の妻の呼称でもある。10万石以上の大名の妻は御前様(ごぜんさま)、それ以下が奥方で200石の旗本夫人までが含まれる。呼びかけは普通、奥方様である。[稲垣史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく‐がた【奥方】
[1] 〘名〙
① 武家屋敷で、妻、侍女など女性が暮らす奥まった所。奥の間(ま)
※幻庵覚書(1562)「近年座頭と申せば、いづれもおくがたへ参候。心へがたく候へども」
② (奥の建物に住む意から) 公家、大名など、身分のある人の妻を敬っていう語。のちには中流にも用い、現在はからかい、皮肉などの意をこめる時などに使うことが多い。奥様。奥御前。夫人。
※天理本狂言・人を馬(室町末‐近世初)「おくがたへ申て、おはしたの女房を一人申うけて」
[2] 奥州のほう。東北地方。
※義経記(室町中か)一「金(こがね)を商ひて毎年奥州へ下る者にて候が、おくがたに知召(しろしめ)したる人や御入候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おく‐つ‐かた【奥方】
〘名〙 (「つ」は「の」の意) 奥のほう。奥まった所。
※更級日記(1059頃)「あづまぢの道のはてよりも、なほおくつかたに生ひいでたる人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.