Rakuten infoseek

辞書

奥手【オクテ】

デジタル大辞泉

おく‐て【奥手/晩生/晩稲】
(晩稲)比較的遅く成熟する品種の稲。中手(なかて)早稲(わせ)に対していう。 秋》「刈るほどに山風のたつ―かな/蛇笏
(奥手・晩生)一般に、遅く成熟すること。
㋐花や実のつくのが遅い草木の品種。
㋑成熟の遅い人。「あの子は―だ」
㋒時節より遅く咲く草花。
「咲く花もをそろ(=早熟)はいとはし―なる長き心になほしかずけり」〈・一五四八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく‐の‐て【奥手】
〘名〙
① (「おく」は、左のことで、左を尊んだことによる) 左手を尊重していう語。たいせつな手。
※万葉(8C後)九・一七六六「我妹子(わぎもこ)はくしろにあらなむ左手のわが奥手(おくのて)に纏(ま)きて去(い)なましを」
② 技芸などの秘訣(ひけつ)。とっておきの手段、方法。〔本福寺跡書(1560頃)〕
※浄瑠璃・栬狩剣本地(1714)三「親をだしに使ふは、物取の奥の手」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.