Rakuten infoseek

辞書

奥州【オウシュウ】

デジタル大辞泉

おう‐しゅう〔アウシウ〕【奥州】
陸奥(むつ)国異称白河勿来(なこそ)の関から北の磐城(いわき)岩代陸前陸中陸奥(むつ)5か国の総称。現在の福島宮城岩手青森の4県と秋田県の一部にあたる。
[補説]市名別項。→奥州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうしゅう【奥州】[岩手県の市]
岩手県南部にある市。中心の水沢地区は、江戸時代は伊達氏支藩の支配地で、幕末に高野長英・箕作省吾(みつくりしょうご)などが輩出。胆沢(いさわ)城趾・日高神社・国立天文台水沢観測所(旧水沢緯度観測所)がある。南部鉄器やたんすの製造が盛ん。平成18年(2006)2月に水沢市・江刺市・前沢町・胆沢町・衣川村が合併して成立。人口12.5万(2010)。→奥州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうしゅう【奥州】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうしゅう【奥州】
陸奥むつ国の別名。
岩手県南部、北上川中流域にある市。県内屈指の農業地帯で、稲作のほか、野菜・果樹・花卉かき栽培が盛ん。肉牛飼育も発達し、前沢牛・江刺牛などを特産。南部鉄器・岩谷堂簞笥たんすの伝統工芸品で知られる。胆沢いさわ城跡・衣川柵跡など多くの史跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐しゅう アウシウ【奥州】
[一] 陸奥国の異称。旧白河・勿来関以北。現在の福島・宮城・岩手・青森の四県と秋田県の一部にあたる。明治元年(一八六八)、磐城・岩代・陸前・陸中・陸奥の五か国に分かれる。
[二] 奥羽地方(東北地方)全域をさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

奥州
(通称)
おうしゅう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい浅間岳
初演
享保9.2(江戸・中村座(七三郎十七回忌追善興行))

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

おうしゅう【奥州】
陸奥国(むつのくに)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奥州の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.