Rakuten infoseek

辞書

奉公【ほうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奉公
ほうこう
封建社会において,主人に対して従者側が果す義務をいう。武士の場合はおもに軍事的負担をいう。一方,主人は,従者に対して所領安堵などの「御恩」を与える。道徳的には,双務契約というより,この「奉公」のほうを強いられる場合が多かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐こう【奉公】
[名](スル)
他人の家に雇われて、その家事・家業に従事すること。「行儀見習いとして奉公する」
国家や朝廷のために一身をささげて働くこと。「滅私奉公
封建社会で、主家に対する従者の奉仕義務。主家からの恩に対して、家臣が軍事義務で奉仕すること。
主家に対して功績があること。忠義であること。
「いかが頸(くび)をば斬るべき。さしも―の者であるものを」〈平家・一一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうこう【奉公】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうこう【奉公】
( 名 ) スル
その家に住み込んで、召し使われて勤めること。 「年季-」
朝廷・国家のために一身をささげて尽くすこと。 「滅私-」
封建時代、家臣が主君のために軍役などに就いて働くこと。
[句項目] 奉公人の陰口

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奉公
ほうこう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐こう【奉公】
〘名〙
① おおやけに一身をささげて仕えること。天子、国家などのために力をつくすこと。
※三代格‐一四・延暦二四年(805)三月二日「諸国司怠慢猶多未進。奉公之道何其如此」
※今昔(1120頃か)二五「奉公の労をも弃(す)て、急ぎ下て有けるに」 〔後漢書‐祭遵伝〕
② 武家社会で、家臣が主君のために働くこと。主君が与える所領安堵などの御恩に対して、家臣は軍役勤務を行なう。
御成敗式目(1232)二七条「右且随奉公之浅深且糺器量之堪否各任時宜分充
③ 勤勉に任務を全うすること。功績のあること。忠義であること。
※平家(13C前)八「四の宮の御ためには、紀伊守範光奉公の人とぞ見えたりける」
④ 他人の家に召し使われて勤めること。雇主の身分によって、武家奉公・町方奉公・在方奉公などの種類があり、また雇用期間により、譜代奉公・年季奉公一季奉公・日雇奉公などの別があった。
※梅津政景日記‐慶長一九年(1614)八月一一日「奉公人をは御奉公越、其外上下之者舟に乗候はば、賃とり候へと被申付
浮世草子・好色五人女(1686)一「今は肥後の熊本に行て奉公せしとや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奉公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奉公の関連情報

他サービスで検索

「奉公」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.