Rakuten infoseek

辞書

奉公衆【ほうこうしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奉公衆
ほうこうしゅう
室町幕府において,御目見 (おめみえ) 以上の直勤御家人。彼らはおもに,足利氏一門および守護大名庶流被官,足利氏の根本被官・家僚的奉行人層,有力国人領主の3者から成り,その所領は東海・東山道西部に集中する。奉公体制は6代将軍足利義教時代 (15世紀) に確立し,地方においては有力守護大名を牽制して中央への依存性を強化させる機能を果した。奉公衆の番所属は家ごとに譜代化し,彼らには幕府の料所 (直轄地) が預けおかれ,また彼らの所領には守護使不入や御家人役免除などの特権が与えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうこうしゅう【奉公衆】
室町幕府において将軍に近侍し,近習・申次などの諸役を務めた御目見(おめみえ)以上の御家人。年始,五節句と毎月1日,15日に将軍との対面が行われたので〈節朔(せつさく)衆〉ともいわれた(《貞丈雑記》)。15世紀の将軍足利義政~義稙の時期の番帳でみると,総数は350余人,5番に編成され,五番衆,番方ともいわれたが,各番の長である番頭は〈御伴衆〉として幕政に参与した。その成立期にはなお不明のところがあるが,遅くも将軍義教期には成立しており,応仁の乱後も15世紀末の将軍義稙の河内出陣まではほぼ健全に機能していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奉公衆
ほうこうしゅう
室町幕府において将軍に近侍した御目見(おめみえ)以上の直勤御家人。番方(ばんかた)、番衆(ばんしゅう)、五番衆(ごばんしゅう)ともいう。また御相伴衆(ごしょうばんしゅう)・御伴衆(おともしゅう)なども含め、奉行衆(ぶぎょうしゅう)に対する呼称として広く使われた場合もある。室町幕府には当初から、鎌倉幕府の御所内番を受け継ぎ、直勤の御家人を編成する「当参奉公」の制度があったが、自立性を増す守護大名に対して将軍権力の強化を図った足利義満(あしかがよしみつ)から義教(よりのり)の時期に奉公衆の制度が確立した。彼らの出自は守護大名の庶流、足利氏の根本被官、国人(こくじん)領主など多様であった。奉公衆は五番に編成され、日常的には番頭の下で御所内の諸役や将軍御出の供奉(ぐぶ)などを務め、戦時には将軍の親衛隊として出陣した。将軍は奉公衆に対し、御料所の給与や所領への守護使不入の承認など、その給養に意を用いた。奉公衆の制度は、応仁・文明の乱後に将軍義稙(よしたね)が河内(かわち)へ赴く頃までは機能していたが、明応の政変によって事実上崩壊、詰衆(つめしゅう)などとして形骸化する。[福田豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奉公衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奉公衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.