Rakuten infoseek

辞書

奉仕【ホウシ】

デジタル大辞泉

ほう‐し【奉仕】
[名](スル)《古くは「ほうじ」とも》
神仏・主君・師などに、つつしんでつかえること。「神に奉仕する」
利害を離れて国家や社会などのために尽くすこと。「社会に奉仕する」
商人が品物を安く売ること。「特価で御奉仕しております」「奉仕品」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうし【奉仕】
スル
国家・社会・目上の者などに利害を考えずにつくすこと。 社会に-する -の精神
サービスとして特に安く売ること。サービス。 -品 特別-価格
神仏・師・主君などにつつしんでつかえること。奉事。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶ‐し【奉仕】
〘名〙 つかえること。つくすこと。ほうし。
※太平記(14C後)一三「鬼神手を束て奉仕(ブシ)しける間」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐し【奉仕】
〘名〙 (古く「ほうじ」とも)
① (長上につかえる意) 神仏・天子・主君・師などにつつしんでつかえること。奉事。
※九暦‐九条殿記・灌仏会・承平六年(936)四月八日「但導師前例独身奉仕唄・散花、而此度不仕唄・散花」
※今昔(1120頃か)三「師に奉仕する事、片時も怠る事无し」
② 私心をすてて国家・社会や他人のために献身的に働くこと。〔現代大辞典(1922)〕
③ 商品を特に安く提供したりして客の得になるようにはからうこと。サービス。「奉仕品」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奉仕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奉仕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.