Rakuten infoseek

辞書

奈落【ならく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奈落
ならく
仏教用語。サンスクリット語 naraka音写で,地下にあるとされる世界。地獄と同一視される。言葉としては古く,ベーダ文献に現れている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈落
ならく
劇場用語。舞台下の地下室で,舞台機構機械などが置いてある場所。照明の不備だった江戸時代は真暗で地獄のようだというので名づけられた。今日では観客席の下まで広がり,明るくなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ならく【奈落/那落/×捺落】
《〈梵〉narakaの音写「落迦」の転》
地獄。また、地獄に落ちること。「―の苦しみを味わう」
物事の最後の所。どん底。特に、これ以上はない、ひどい境遇。「―に沈む」
(奈落)劇場で、舞台や花道床下。地下室となっていて、回り舞台せり出しの装置があり、通路にもなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚用語辞典

奈落
舞台用語では舞台上や花道の下や地下、まわり舞台やせり出しの装置のある場所を指す。

出典:宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」

世界大百科事典 第2版

ならく【奈落】
劇場用語。舞台や花道の床下の総称。大正初期までの劇場は床下が4,5尺で,暗くて地獄の奈落の底のようであったことから,この称がある。回り舞台,セリ,スッポンなどの発達により床下も深さが必要となり,現在では動力機構装置が能率的に設置され,明るい地下室になっている。大道具製作場,各種倉庫,電気室などとして利用するところもある。【難波 良三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ならく【奈落】
〘仏〙 地獄。泥犂ないり
どん底。行きつく果て。
劇場の舞台と花道の床下。回り舞台・せりなどの仕掛けがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奈落
ならく
地獄の意。サンスクリットのナラカnarakaの音訳語で、那落迦、捺落迦、那羅柯とも記す。漢訳では地獄のほか、悪道、不可楽、不可救済、非行、闇冥(あんみょう)と訳す。同義語にニラヤniraya(泥犂、泥黎耶)がある。生前に悪業(あくごう)をなした者が、死後その報いとして呵責(かしゃく)を受け罪を償う地下の牢獄(ろうごく)をいう。転じて、物事のどん底、どん詰まりの意に用い、また、劇場の舞台や花道の下に設けられた地下部分をもいう。[丸山孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈落」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奈落の関連情報

関連キーワード

地獄地獄地獄地獄地獄(宗教)

他サービスで検索

「奈落」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.