Rakuten infoseek

辞書

奈良盆地【ならぼんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奈良盆地
ならぼんち
大和盆地ともいう。奈良県北西部にある断層盆地。面積約 300km2。北は奈良山丘陵,東は大和高原,南は竜門山地,西は生駒・金剛両山地に限られる。盆地底は標高 40~80mの平坦な沖積地で,大和川の諸支流が集る。五條市を除く奈良県内のすべての市が盆地上に立地し,古代から大和文化の中心地。気候はやや内陸性で寒暑の差が大きい。降水量が少いため,古くから多くのため池が造られ,灌漑用水に利用されている。近郊農業が盛んで,果樹,花卉,野菜を栽培。古代の条里制,中世の環濠集落の遺構や奈良,斑鳩,明日香,当麻,山の辺の道など史跡に恵まれ,盆地全体がさながら史跡公園の観を呈しているが,近年は宅地化,都市化が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なら‐ぼんち【奈良盆地】
奈良県北西部の盆地。東を大和高原、西を生駒・金剛山地に囲まれる。古代都城の置かれた地で、藤原宮跡平城宮跡などがある。大和盆地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ならぼんち【奈良盆地】
奈良県北西部にある盆地。大和平野,大和盆地ともいう。また古代に藤原京平城京が造営された地で,大和国の中心をなしてきたため現在でも国中(くんなか)の称がある。《古事記》景行天皇条に〈青垣 山ごもれる 大和しうるはし〉とうたわれるように,東は笠置山地(大和高原)と春日断層崖,西は生駒・金剛両山地,北は奈良山丘陵,南は竜門山地によって囲まれる。盆地は東西約13km,南北約30kmで,面積は県域の1/10強でしかないが,奈良市のほか橿原(かしはら)市,大和郡山市天理市大和高田市桜井市,御所(ごせ)市など主要都市域の大部分が含まれ,人口の集中が著しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ならぼんち【奈良盆地】
奈良県北部にある南北に細長い盆地。西を生駒・金剛山地に、東を大和高原に限られ、北は奈良坂を越えて京都に通ずる。平城京を初めとして、古代の諸帝都が営まれた地。大和盆地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔奈良県〕奈良盆地(ならぼんち)

奈良県北西部の盆地。奈良市ほか県の主要都市が立地。南北約30km、東西約13km。大和(やまと)盆地とも。北は奈良山(ならやま)丘陵、西は生駒(いこま)山地・金剛(こんごう)山地の両山地、東は笠置(かさぎ)山地(大和高原)、南は竜門(りゅうもん)山地に囲まれる地溝性盆地。富雄(とみお)川・飛鳥(あすか)川など多くの河川は西部で大和川に合流、大阪平野に流出する。雨量が少ないため、約1万3000の灌漑(かんがい)用溜()め池(いけ)があり、吉野川からも灌漑用水が引かれる。古代大和政権の中心地。藤原(ふじわら)宮跡・平城京跡などの史跡が集中する。南部の明日香村は1980年(昭和55)に歴史的風土保存地区の指定を受け景観保存が図られている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奈良盆地
ならぼんち
奈良県北西部にある構造盆地。面積約300平方キロメートル。南北に長い長方形で、肥沃(ひよく)な沖積層に覆われ、盆地底の標高は40~80メートルである。東方は春日(かすが)断層崖(がい)によって盆地と画される大和(やまと)高原、西方は大阪平野との間に断層地形の特徴を示す生駒(いこま)・金剛(こんごう)山地が南北に走り、北方は京都盆地と境をなす奈良山丘陵、南方は低山性の竜門山地など四周を青垣の山々に囲まれる。面積は県全体の8%にすぎないが、平坦(へいたん)で肥沃な沖積層は水田耕作に適し、古代は平城京などが造営され政治・文化の中心であった。現在も京阪神大都市圏との交通に恵まれ、奈良市のほか主要都市が立地し県内でもっとも集落・人口密度の高い地である。
 地質時代の第三紀鮮新世末に準平原状の地盤が地溝状に陥没し、他方、断層によって画された周囲の山地は隆起していった。沈降する盆地部は、隆起する山地から流出する土砂で埋積され、山麓(さんろく)に扇状地が形成された。大和高原南東隅から流れ出る主流の大和川は、盆地内の諸支流をあわせて西流し、亀ノ瀬峡谷を経て大阪平野から大阪湾に注ぐ。気候は温暖少雨で、寒暑の大きい内陸性を呈する。[菊地一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良盆地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奈良盆地の関連情報

他サービスで検索

「奈良盆地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.