Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

奈良奉行【ならぶぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奈良奉行
ならぶぎょう
江戸幕府の職名遠国奉行の一つ。直轄都市,奈良行政寺社支配にあたり,老中に支配され,京都所司代指揮下にあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なら‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【奈良奉行】
江戸幕府の職名。遠国奉行の一。奈良の市政や寺社を管掌した。老中支配下で、京都所司代の指揮を受けた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ならぶぎょう【奈良奉行】
江戸幕府の地方行政機関,遠国奉行の一つ。南都奉行ともいう。奈良町および大和一国の民政,寺社のことを管掌する。関ヶ原戦後,はじめ大久保長安配下の奉行衆が奈良支配にあたったが,1613年(慶長18)よりかつて興福寺の被官であった中坊氏が起用され,これ以後奈良奉行の職名がおこった。しかし中坊氏の時代には,中世において大和支配の権を有していた春日社・興福寺対策にその主要な任務があり,民政上の権限は確立しておらず,また大和国内の幕領代官をも兼任するなど,制度的には過渡的な段階にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

奈良奉行
ならぶぎょう

江戸幕府の職名。遠国(おんごく)奉行の一つ。南都奉行ともいう。17世紀初頭には大久保長安(ながやす)の下代衆が、長安失脚後は興福寺衆徒で春日(かすが)社の造営や祭礼奉行にあたっていた中坊(なかのぼう)氏が起用され、京都所司代板倉勝重(かつしげ)や金地院崇伝(こんちいんすうでん)らの指示を受けて、奈良および大和(やまと)国の民政にあたっていた。その権限は小さく、重要事項についてはほとんど上級者の指示・判断を仰いだ。奈良奉行の制度が整えられたのは1664年(寛文4)で、民政一般は奈良奉行、大和の天領支配は奈良代官と、職掌が分離された。老中支配であるが、所司代および京都町奉行と相談のうえ政務を沙汰(さた)した。芙蓉間詰(ふようのまづめ)、奈良在住、1000石高、役料1500俵、与力8騎、同心30人を付属、定員1名(1696~1702年は二人役)。

[鎌田道隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なら‐ぶぎょう ‥ブギャウ【奈良奉行】
〘名〙 江戸幕府の職名。奈良に駐在して町政を管理し、春日大社の造営・神事・警衛をつかさどるとともに、京都所司代の指揮をうけ、京都町奉行と分担して大和国(奈良県)の裁判なども行なった。老中支配に属し、定員一名、役高千石、役料千七百俵。奈良町奉行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

奈良奉行
ならぶぎょう
江戸幕府の職名。奈良に置かれた遠国奉行
1613年設置。老中に直属し,京都所司代の指揮をうけ,奈良の市政および寺社支配にあたった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奈良奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.