Rakuten infoseek

辞書

奈良の大仏【ならのだいぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奈良の大仏
ならのだいぶつ
奈良市雑司町の華厳宗総本山で南都七大寺の1つ東大寺本尊,毘盧遮那仏で東大寺の大仏とも呼ばれる。聖武天皇により天平 15 (743) 年大仏造立を発願し,天平宝勝4 (752) 年に開眼供養が行われた。導師は婆羅門僧正,後生本願の聖武天皇,開基良弁,勧進の行基とを建立の四聖と呼ぶ。その後2度の兵火で損傷し,現在の大仏は元禄4 (1691) 年竜松院公慶が仏頭などを修造,翌年開眼供養したものとされる。国宝に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なら‐の‐だいぶつ【奈良の大仏】
奈良東大寺大仏殿の本尊毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)の金銅座像で、像高14.87メートル。聖武天皇の発願により天平勝宝元年(749)創建、同4年開眼供養。二度の戦火などで改鋳が重ねられ、台座蓮弁の一部のみが当初のもので、胴部は鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ならのだいぶつ【奈良の大仏】
奈良東大寺大仏殿の毘盧舎那仏びるしやなぶつのこと。銅像。像高14.85メートル。聖武天皇の発願により造立、752年開眼供養が行われた。二度の兵火により像容が損なわれ、修復された。現在のものは胴部は鎌倉時代、頭部は元禄3年(1690)の鋳造。台座の蓮弁の一部と大仏殿前の金銅大灯籠は当初のもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なら【奈良】 の 大仏(だいぶつ)
東大寺大仏殿の本尊。華厳宗の教主盧舎那仏の坐像で、日本最大の金銅仏。像高一四・八七メートル。天平勝宝元年(七四九)に完成。同四年聖武太上天皇・孝謙天皇・光明皇太后・橘諸兄らが参列してインドから来日の菩提僊那により開眼。その後二度の炎上などで改鋳され、当初のものは台座の蓮弁、左大腿の褶襞(しゅうへき)のみに残る。胴身は鎌倉期、頭首は元祿期のもの。国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

奈良の大仏
ならのだいぶつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良の大仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奈良の大仏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.