Rakuten infoseek

辞書

奇襲【キシュウ】

デジタル大辞泉

き‐しゅう〔‐シフ〕【奇襲】
[名](スル)相手の油断、不意をついて、思いがけない方法でおそうこと。不意打ち。「敵の背後から奇襲する」「奇襲攻撃」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きしゅう【奇襲】
みずからの攻撃企図および行動を秘匿し,の予期しない時期,場所,方法などによって敵の意表をつき,対応のいとまを与えないように打撃を加える戦術をいう。敵の意表に出ることは,機を制し勝を得る要道である。近代戦ではつぎつぎと威力強大な新兵器が突如として使用され,大規模な奇襲が行われるようになり,戦略的奇襲という語が使用されている。奇襲のほか強襲,急襲と称する戦法がある。強襲とは,自軍の企図を敵が察知あるいは判断して準備している堅固な陣地を,敵よりもさらに強大な戦力で圧倒し,一挙に攻撃を強行すること,急襲とは,みずからの企図を秘匿し,不意に襲撃することをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きしゅう【奇襲】
( 名 ) スル
不意をついて敵を攻めること。 「背後から-する」 「 -戦法」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐しゅう ‥シフ【奇襲】
〘名〙 思いがけない方法を用い、あるいは、不意をついて敵を襲撃すること。不意打ち
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一三「真っ正面から堂々と攻撃せられたのを、奇襲にでも逢ったやうに感じて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇襲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奇襲の関連情報

他サービスで検索

「奇襲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.