Rakuten infoseek

辞書

奇想【きそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

奇想
きそう
conceit
文学における修辞法の一つ。常識では結びつかない2つ以上のものの間に共通性を見出し,それらを強引に結びつけるもので,大がかりな比喩の形をとることが多い。 16~17世紀のバロック文学,特にイギリス形而上詩人の作にしばしばみられる。 J.ダンのみ』において,語り手とその恋人の血を吸ったのみを,2人が合体する婚姻にたとえているのはその一例。フランス象徴派によって復活され,20世紀の T.S.エリオット,パウンドらの作品には凝縮された形の奇想が多くみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐そう〔‐サウ〕【奇想】
普通には思いつかない、変わった考え。奇抜な着想

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きそう【奇想】
普通では思いつかないような奇抜な考え。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐そう ‥サウ【奇想】
〙 普通では思いつかない考え。奇抜な思いつき。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「一大奇想(キソウ)の糸を繰りて巧みに人間の情を織なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奇想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

奇想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.